日刊サイゾー トップ > 芸能  > 談春の俳優業高評価で落語界に熱視線

林家正蔵、立川談春の俳優業高評価で“落語界”に熱視線!「ネクスト談春を探せ!」

『下町ロケット』公式インスタグラム(@rocket_tbs)より

「高視聴率の一因を担っているのが談春さんの演技であることは間違いないですよ。彼がドラマで活躍していることで、若手のキャスティング担当は落語の寄席にも結構通って“ネクスト談春”を探そうと必死になってますからね」(テレビ局関係者)

 阿部寛主演で日曜午後9時に放送されているドラマ『下町ロケット』(TBS系)。重要な役どころを演じているのが落語家の立川談春だ。

「今年はドラマ以外にも映画『あいあい傘』にも出演し、来年はTBSのチームで制作する『七つの会議』にも出演します。最近の落語家で映画といえば林家正蔵さんのイメージが強いですが、そこにも食い込んでいきそうですよ」(映画関係者)

 その林家正蔵は、山田洋次監督のシリーズ作品『家族はつらいよ』に出演している。

「今はNHKの大河ドラマ『西郷どん』にも出てますし、若い人には正蔵師匠が落語家だと知らない人もいるかもしれませんね。それくらい映像作品の方で重宝されています」(同)

 実際、山田洋次監督も正蔵のことを落語家だとは思っていない節があるという。

「今年5月に公開された『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』には、同じ落語家の立川志らくさんも出てたんです。そこで志らくさんに『山田監督は落語家には芝居の稽古はつけないし、優しいと聞いてたのに、めちゃ怒られるんですよー』と愚痴をこぼしていました。志らくさんも『山田監督は正蔵師匠のことを上手い役者と思ってるんです。だからダメ出ししてるんです。落語家とは思ってませんよ』と、さすがの返しをしてましたね。やはりイメージとして談春さんや志らくさんは噺家のイメージがありますが、正蔵さんは“こぶ平”のイメージがまだ強いですからね。実際、山田監督も一俳優として接している感じでした。それが噺家さんにとっていいのか悪いのかは分かりませんが、少なくとも俳優としての評価は今のところ談春さんよりも上だと思いますよ」(芸能事務所関係者)

 しばらくは正蔵と談春の2トップが続きそうだ。

最終更新:2018/12/16 06:00
こんな記事も読まれています

林家正蔵、立川談春の俳優業高評価で“落語界”に熱視線!「ネクスト談春を探せ!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

“新世代の三谷幸喜”上田監督が語る

「面白い!」「完全に騙された!」「感動した!」と映画ファンの間で噂を呼んでいるのが、...
写真