日刊サイゾー トップ > 芸能  > 桑名正博息子・美勇士の対応が絶賛!

故・桑名正博“ニセ息子”に実子・美勇士が「桑名家として受け入れたい」 大人すぎる対応に称賛の声

美勇士公式Twitterより

 12月13日、2012年に亡くなった歌手の桑名正博氏の“ニセ息子”が全国行脚&ラジオ出演していることがわかった。

 報道によると、桑名氏に顔がそっくりだというこの男性は「桑名正博の長男で、乃羅(のら)です」と名乗り、福島県の地元FM局の番組や、三重県四日市市の飲食店などに出没。自身について「お父さんは桑名正博。隠し子が2人いて、そのうちの1人が自分。母は銀座のホステス」と話し、桑名氏の名曲である「セクシャルバイオレットNo.1」を歌って“おひねり”をもらったり、食事をおごってもらったりしたという。

 乃羅氏は11月には沖縄に出没したが、現場に居合わせた桑名氏の知人がニセモノだと気づき、身元を特定して一緒に警察に出頭。しかし、乃羅氏は自分の行動を否定し、被害届なども出されていなかったため、逮捕はされなかった。また、桑名氏の妻も長男を名乗る男性の存在を把握していたものの、「『そのうちやめてくれたら』と静観していた」とのことだが、乃羅氏を警察に出頭させた知人の勧めもあり、11月からSNSにてニセモノの注意喚起を呼びかけている。

 また、14日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)では乃羅を直撃。乃羅氏いわく「給料分を頂いただけ」「100%ウソはない」とし、反省する様子は見受けられなかった。

 ネット上では「こんなの詐欺だし、本当に冗談じゃ済まないわな」と憤る声や、テレビで放送された乃羅氏の姿や歌を歌う動画を見て「偽物の方、インタビューされて一生懸命に桑名さんの話し方をマネしていて笑えるんですが(笑)」「めちゃくちゃダサい男だね」「歌下手だったね〜英語の部分だけ発音いい風に歌ってた! それが滑稽だったわ(笑)」と失笑する声が上がっている。

 また、このニュースを知った桑名氏の長男で歌手の美勇士は、マスコミの取材に対し「桑名を愛してくれる人の思いにつけ込む行動で、冗談では済まない」と憤慨。とは言いつつ、乃羅氏のあまりにヘタクソな歌いっぷりに「被害に遭われた方もいるので、あまり茶化してはいけませんが、せめて歌はもっとちゃんと歌ってほしかった」と苦笑。

 しかし、乃羅氏が桑名氏の本当の隠し子という線については「あり得ない話ではない」としており、もし本当なら、桑名氏が家族に子の存在を隠すことはないために、「桑名も知らない可能性が高い」と言及。もし本当なら、5歳年上の兄に当たる乃羅氏について「桑名家として受け入れたい」と語っている。


12
こんな記事も読まれています

故・桑名正博“ニセ息子”に実子・美勇士が「桑名家として受け入れたい」 大人すぎる対応に称賛の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真