日刊サイゾー トップ > 芸能  > 羽生ゆずれないへ“同情”が殺到中!

羽生ゆずれない「ホテル連れ込み」報道否定も、“怖すぎる”ゆづファンからの攻撃で大炎上!

羽生ゆずれない公式Twitterより

 離婚に向け別居していることが報じられた、元フィギュアスケート日本代表の小塚崇彦と元フジテレビの大島由香里アナ。離婚原因の一因として小塚の派手な夜遊びがささやかれており、12月13日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では9日未明、小塚がものまねタレントの羽生ゆずれないと一緒に、女性2人をホテルに連れ込んだ一部始終が明かされた。

 この報道を受け、ゆずれないは13日にTwitterを更新。「ご報告です。何かあれば事務所までよろしくお願いします」というツイートとともに、所属事務所の公式見解の文面画像をアップ。それらによると、くだんの女性たちとの関係については「1時間程度お話をし、その後帰路につきました。記事に書かれているような女性との関係など事実無根」とのこと。また、小塚との関係に関しては「小塚崇彦さんには、とてもよくしていただいており、数カ月に1度くらいですが、フィギュアを教えていただいたり、一緒に食事をさせていただく仲でございます」と説明している。

 しかし、このゆずれないのツイートに対し、20日現在およそ2,000件ほどのリプライが寄せられており、そのほとんどがフィギュアスケート・羽生結弦選手からのファンからの苦情。「今すぐ名前変えてください」「取り急ぎ芸名の名字にあたる部分の変更と、プロフィール写真の変更をお願いします」「羽生くん利用して金儲けしないでください!」と炎上状態になっている。

 しかし、意外にもネットでは、ゆずれないを評価する声や同情の声が多い。「羽生ファンだけど、小塚の無実を信じてたよ。羽生ゆずれない、よく書いたと思う」「まぁ、ゆずれないからしたら不倫が本当だとしてもとばっちりだよね」「小塚は知らんが、ゆずれないに関しては批判する理由もない」といった意見が見受けられる。

 その一方で、ゆずれないを攻撃する羽生ファンに対しては、あまりに過剰反応すぎるのでは、という声も多い。「羽生ファン怖い。宗教レベルで怖い」「ゆずれないはどうでもいいけど、ファンのせいで羽生選手が苦手になっていく。もうおとなしくしてて 」「羽生結弦好きだけど、ゆずれないも面白いよ。ちゃんとスケートも上手。羽生結弦のファンて、勝手に神格化して気持ち悪い」という意見が。

「今回の件で、ゆずれないはいい意味でも悪い意味でも、知名度を上げましたよね。アンチは多くなりましたが、注目度は抜群。今後、ゆずれないがアンチにひよった態度や発言をせずに己の芸を全うすれば、テレビで大ブレイクする可能性もあるのでは?」(テレビ局勤務)

 ピンチをチャンスに変えることができるか? ゆずれないの今後の動向に要注目だ。

最終更新:2018/12/20 09:35
こんな記事も読まれています

羽生ゆずれない「ホテル連れ込み」報道否定も、“怖すぎる”ゆづファンからの攻撃で大炎上!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...
写真