日刊サイゾー トップ > 芸能  > 華原朋美、復活への歩み

華原朋美、復活への歩み……「愛人契約?」「枕営業?」当時73歳富豪との“不倫疑惑”でSNS全閉鎖も

華原朋美オフィシャルファンクラブサイトより

 歌手の華原朋美が、スキャンダルからの復活に向けて歩みを進めている。今年夏頃には、芸能界引退説が流れていた“朋ちゃん”だったが今月、東京の超高級ホテル・椿山荘で、毎年恒例のディナーショーを開催し、元気な姿を見せた。

 華原といえば、今年7月、当時73歳の東証1部上場・大手戸建分譲グループ会社会長のA氏との不倫疑惑が浮上。ステーキ店や焼き肉店で食事し、華原が暮らす新宿区内の高級マンションへ消えていく様子が写真週刊誌「フライデー」(講談社)にキャッチされた。その後、華原はツイッターで「今日限りでインスタとツイッター辞めます みんな元気でね!ばいばーい!」と投稿して、インスタグラム等自身のSNSをすべて閉鎖していた。

「A氏の会社は、華原が以前出演していた番組やライブのスポンサーについていたこともあり、2人は『愛人契約でもしているのか』『まさか枕営業か』といった変なウワサまでもがネットなどで駆け巡り、一気にイメージダウン。その影響もあって、直後には周囲に『引退も考えている』と漏らしていただけでなく、激太りしていると報じられたこともありました。しかし、ようやくディナーショーをきっかけにして復帰する意向を固め、歌手活動を再開させました」(音楽関係者)

 このまま順調に活動を続けていってもらいたいところだが……。

「もともと精神的な浮き沈みが激しいタイプなので、そばで支えになるような存在が必要です。今年は恩師で元カレでもある小室哲哉氏が引退。そういったこともあって、メンタルの部分で傷ついた時期もあったようです。早く心身ともに癒やしてくれるような、ステキな男性と巡り合えればいいのですが。そうすれば、華原のようなタイプは仕事の方もうまくいきますよ」(同)

 ディナーショーでは、「今年はお休みを多くいただきましたが、来年はもっとみなさんの前で歌う機会をつくりたいです」と宣言した華原。2019年は多くのステージで、そのキレイな歌声を日本中に届けてほしいものだ。

最終更新:2018/12/26 08:00
こんな記事も読まれています

華原朋美、復活への歩み……「愛人契約?」「枕営業?」当時73歳富豪との“不倫疑惑”でSNS全閉鎖ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニー氏逝去をめぐる情報操作

 7月9日23時半、テレビやスポーツ紙 の ...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...…
写真