日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高畑充希「お色気」が大不評

高畑充希、女性誌でのお色気ショットが“大不評祭り”に!「編集者のセンスが変」

「ar アール 2013年 07月号」(主婦と生活社)

 女性読者からすると、まったく参考にならなかった?

 11日に主演ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)がスタートした女優の高畑充希が、12日発売の女性向けファッション誌「ar」(主婦と生活社)の表紙に登場した。

「同誌の公式インスタグラムでは『冬のお肌号にふさわしく、赤ちゃんみたいに健やかなお肌、伝わりますか?』と高畑の美肌を絶賛。さらには『#美肌』『#写真の加工は一切しておりません』『#ずるいね』とのハッシュタグが添えられていました」(女性誌ライター)

 誌面では胸元を露出して困ったような笑みを浮かべたり、濡れ髪に赤のルージュで、けだるそうなポカン顔のカットを掲載。表紙は舌を出した“テヘペロ”でのアップショットとなっている。一部サイトでは「フェロモンあふれるセクシーな表情」と紹介されるなど、高畑にしては珍しく色気がテーマとなっていたようだ。

 しかし、女性が多く集まるネット掲示板では大不評祭りに。「表紙の顔ヤバイ」「髪乾かそう」「びっくりする程色気を感じないんだが……」「自分が知ってる色気と違う」「女性が憧れるタイプじゃないのに女性誌の表紙に無理矢理押し込む意味がわからない」と散々なコメントが連打されている。

「高畑といえば、『ブス会』と呼ばれる集まりに参加しているように、世間からはルックス売りではなく“演技派女優”というポジションで認知されています。それが『私、こんなにかわいいでしょ』と女を出してきたため、違和感を持った人が多かったのでしょう。とはいえ、『ar』は、これまでも新垣結衣、佐々木希、有村架純、北川景子らが表紙を飾ったものの、ネット上では『アンチがスタイリングしたとしか思えない』『素材殺し』と揶揄されていました。今回も高畑が悪いのではなく、編集者のセンスが変なのかもしれません」(同)

 むしろ高畑は、『おげんさんといっしょ』(NHK)で“オジサンコスプレ”しているときが一番カワイイ?

最終更新:2019/01/17 10:00
こんな記事も読まれています

高畑充希、女性誌でのお色気ショットが“大不評祭り”に!「編集者のセンスが変」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

オタク議員・荻野稔氏辞職へ

 年の瀬に、大変なニュースが飛び込んできた。コミケにサークル参加したり、コスプレを用い...
写真