日刊サイゾー トップ > 芸能  > 竹野内豊「脇役でも」方針転換のワケ

竹野内豊、倉科カナと破局で“仕事モード”加速中!? 「脇役でも」方針転換のワケとは

竹野内豊、倉科カナと破局で仕事モード加速中!? 「脇役でも」方針転換のワケとはの画像1
竹野内豊 公式サイトより

「今年はNHKの大河ドラマ『いだてん』にも出演しますし、昨年以上に忙しい年になるのは間違いないですね。事務所も主役にこだわらずに営業をしているようですし、本人も脇役の面白さに気づいたみたいですよ」(映画関係者)

 大河ドラマ『いだてん』でストックホルムオリンピック日本選手団の監督を演じる竹野内豊。昨年はドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)や映画『孤狼の血』で“脇役”として好演している。

「『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)でブレークしてからは、基本的には主演以外の仕事はほとんど断っていました。ところが、近年は同ドラマの“相棒”だった反町隆史さんの『相棒』(テレビ朝日系)が好調ということもあって、彼も考え方を変えてきたようなんです」(テレビ局関係者)

 所属事務所の研音も、反町・竹野内の後釜にと期待していた松田翔太や水嶋ヒロが相次いで退社するなど、思うような世代交代が進まなかった。

「若手も主演を張れるような役者は福士蒼汰さんくらいですし、彼も演技力がある方ではないので、事務所を経済的に支えるという意味でも反町さんと竹野内さんが主演にこだわらないというのは大きいですよ。キャスティングのライバルも西島秀俊さんや江口洋介さんといった主演も脇役もできる人たちになりますが、みなさんタイプが違うので競合はあまりしないようです。結婚がウワサされていた倉科カナさんとも破局しましたし、今年も仕事モードでいくでしょうね」(芸能事務所関係者)

 今年も脇で光る演技が見られそうだ。

最終更新:2019/01/20 14:00
こんな記事も読まれています

竹野内豊、倉科カナと破局で“仕事モード”加速中!? 「脇役でも」方針転換のワケとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...…
写真