日刊サイゾー トップ > 芸能  > 土屋太鳳は、なぜ嫌われる?

土屋太鳳は、なぜ嫌われる? 「ゴチ」起用に落胆の声が殺到するワケ

土屋太鳳 公式インスタグラム(@taotsuchiya_official)より

『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」20シーズンの新メンバーが土屋太鳳に決定し、落胆の声が止まない。

 昨年最後の放送で渡辺直美と橋本環奈の2人がクビになったことで、メンバーから女性が消えた「ゴチ」。佐々木希、杏、優香、井上和香など、常に“美人枠”が設けられてきただけに、後任には期待が集まっていたが、土屋が新メンバーだと分かると、ネットには一斉にブーイングの声が上がった。ネットニュースを主宰する男性がいう。

「ゴチの新メンバー予想は、毎年ネットで非常に盛り上がるネタですが、今回、新メンバーが土屋太鳳だと判明すると、ネットには『苦手』『嫌い』『今年は見ない』など、ネガティブな反応が殺到しました。昨年、橋本環奈が新メンバーだと判明した時は歓迎の声が圧倒的に多かっただけに、非常に対照的です。土屋が自身のインスタグラムで、ゴチの新メンバーであることを匂わせるような投稿をしていたことも、拒否感に拍車をかけました」(ネットニュース主宰者)

 土屋といえば、NHKの朝ドラ『まれ』のヒロインを演じて一気にスターダムにのし上がり、今や映画に連ドラにと大忙し。バラエティやCMにも引っ張りだこの売れっ子女優だが、一方では“アンチ”も少なくない。彼女が嫌われる理由を、テレビ情報誌の記者はこう分析する。

「土屋が嫌われる理由の1つは、彼女のような『頑張りやさん』『明るく元気な子』というイメージを持つタレントが苦手な人が、一定数必ずいるということです。露骨に“良い子アピール”をされるとそれが鼻につき、『あざとい』『ウザい』と感じるという構図です。最近の女優では吉岡里帆も似たようなタイプです。

 さらに彼女が嫌われるもう1つの理由が、土屋のぶりっ子キャラが明らかに“作り物”っぽいからです。土屋は基本的に優等生キャラですが、かつてトーク番組で、幼い頃から彼女を知る俳優・野村祐希から、『話し方が明らかに変わった』と指摘されました。土屋は現役の体育大学の学生で、バラエティでもてはやされるようになったのも、『オールスター感謝祭』(TBS)のマラソンで、倒れんばかりに激走したのが話題になったから。バリバリの体育会系女子は、あんな女っぽい甘ったるい話し方はしませんよね」(テレビ情報誌記者)

 お腹がいっぱいになり、なおかつ大金を払わせられれば、ついつい人は“本性”を見せてしまうもの。土屋のぶりっ子が“作り物”なのか“本物”なのか、1年かけて見定めることになりそうだ。

最終更新:2019/01/22 20:00
こんな記事も読まれています

土屋太鳳は、なぜ嫌われる? 「ゴチ」起用に落胆の声が殺到するワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真