日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新井浩文「完全に放置プレーだった」

新井浩文容疑者を野放しにしていた所属事務所の功罪「完全に放置プレーだった」

新井浩文容疑者を野放しにしていた所属事務所の功罪「完全に放置プレーだった」の画像1
新井浩文のインスタグラム(@araihirofumi)より

 実力派俳優の新井浩文が派遣型マッサージ店の30代女性従業員に暴行を働いた強制性交容疑で警視庁に逮捕された。いわゆる「レイプ」で、芸能界には衝撃が走っている。

 芸能界が受ける被害は甚大で、出演映画『台風家族』は公開延期に。関係者によれば「撮り直そうにも、他の出演者のスケジュールの都合がある。このままお蔵入りの可能性もある」とのこと。

 このほかNHKの有料動画サービス「NHKオンデマンド」は、同容疑者が出演した大河ドラマ『真田丸』など10作品の販売を停止した。

「過去の出演作品まで販売停止となれば、違約金は5億円以上になるケースも。新井さんの所属事務所『アノレ』は、2017年末に当時社長だった浅野忠信の父親が覚せい剤取締法違反罪で捕まったばかり。その直後の新井容疑者の逮捕ですから、踏んだり蹴ったりです」(芸能プロ関係者)

 他方で、アノレの管理体制に疑問の声を上げるのは、中堅プロダクションのマネジャーだ。

「良くも悪くも放任主義なんですよね。芝居さえ良くて、仕事さえこなしてくれれば、私生活には過度に干渉しない。昨秋、『実話ナックルズ』(ミリオン出版)が匿名で今回の事件を報じた際、業界では犯人探しが始まり、すぐに新井容疑者の名前が浮上。アノレの関係者の耳にも入っていたはずですが……。そこで対応を誤らなければ、立件されなかったかもしれません」

 新井容疑者にとって、アノレは2つ目の所属先。その前は中堅プロダクションの「パパドゥ」に籍を置いていた。移籍の舞台裏について、スポーツ紙記者は「素行不良が原因と言われています。特に女性関係のトラブルが多く、ついには社長がサジを投げたそうです」と明かす。

「いずれ何かやらかすと思った」

 そういった声が飛び出すほど、新井容疑者は以前から“いわくつき”だった。アノレは事件を受け、5日付で同容疑者を“解雇”したようだが、時すでに遅しだ。

最終更新:2019/02/07 16:00

新井浩文容疑者を野放しにしていた所属事務所の功罪「完全に放置プレーだった」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映...
写真