日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新井浩文ほか ギャンブル狂の芸能人

新井浩文“強制性交”で逮捕……ギャンブル狂だった素顔「ほかの芸能人の場合は?」

文=平田宏利

「アノレ」公式サイトより

 出張マッサージ店から派遣された30代の女性に性的暴行を加えたとして、強制性交の疑いで俳優の新井浩文容疑者が逮捕された。これを受け、新井容疑者の、演技を地でゆく“やさぐれた私生活”にも注目が集まっている。彼の公式インスタグラムの画像は、麻雀、パチンコ、パチスロに埋め尽くされており、かなりのギャンブル好きのようだ。

 コンプライアンスが重視される現在にあっては、表立ってアピールされることはないが、ギャンブル好きの芸能人は少なくない。

「よく知られているところでは坂上忍がいますね。現在は『バイキング』(フジテレビ系)ほか、各局のバラエティ番組に引っ張りだこですが、仕事がない時代は、1年の終わりに、その年の稼ぎをすべてギャンブルにつぎ込んでいたようです」(業界関係者)

 さらに、現在では、ほんわかしたおじさんキャラを確立している、あの人物の名前も挙がった。

「『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)などでも知られる漫画家の蛭子能収は、ギャンブル大好き人間として知られていますね。特に競艇が好きなようで、かつては『とんねるずのハンマープライス』(フジテレビ系)において『蛭子能収が競艇であなたの給料を倍にしてくれる権』が出品されたこともあります。もちろんボロ負けしていました。さらに1998年には、歌舞伎町の店舗で賭けマージャンを行っていたところを現行犯逮捕されています」(同)

 このほか椿鬼奴と結婚するも、いまだにギャンブル狂で「ギャンブルで作った借金をギャンブルで返している」ともいわれるグランジの大など、芸能界にはギャンブル好き芸能人が多い。何よりも将来が未知数の芸能人という職業を選ぶ時点で、ギャンブラー気質の持ち主ともいえるだろう。新井容疑者も、そうしたタイプだったのかもしれない。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/02/05 19:30

新井浩文“強制性交”で逮捕……ギャンブル狂だった素顔「ほかの芸能人の場合は?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真