日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「ナックルズ砲」の精度が凄すぎ!

新井浩文“強制性交等”逮捕をブチ当てた「ナックルズ砲」の精度が凄すぎ!

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

「実話ナックルズ」公式Twitter(@jitsuwaknuckles)より

「文春砲」より精度が高い!? 

 2月1日、警視庁は、自宅でマッサージ店の女性従業員に性的暴行をした疑いで、俳優の新井浩文を逮捕。このニュースに、各メディアは嵐の活動休止以上に、てんやわんやとなっている。

 その一方で、話題を呼んでいるのが「実話ナックルズ」(大洋図書)の情報力だ。

「『ナックルズ』は、昨年10月の段階で『“アウトレイジ”出演俳優がエステ強姦で逮捕される』との記事を掲載。また、昨年4月にも『人気情報番組「ZIP!」出演者に未成年アイドル食い疑惑』と報じ、元TOKIO・山口達也が起こしていたわいせつ事件をつかんでいました。同誌は新井容疑者の毒牙にかかった被害者は複数いて、酒に酔ったからではなく、常習性があった可能性があるとも指摘。また、逮捕時期についても、『警視庁の人事が2月中旬にあり、体制が変わるため』『1月末から2月中旬までにはじける』と、ピタリと当てている。もしかしたら、当局筋に太いパイプを築いているのかもしれません」(週刊誌記者)

 この「ナックルズ砲」には脱帽だが、となるとほかの記事も気になってくる。

「発売中の3月号を見てみると、これがなかなかに強烈。『純烈のメンバーは風俗店を運営していた女衒』『日本テレビの桝太一アナは熟女ヘルスの常連』『広末涼子が旦那の愛人をボコボコ』『榮倉奈々、壮絶DVで離婚か』など、香ばしい情報が目白押しとなっています。これまで『オカルト』と一笑に付されることも多かった同誌ですが、今後は芸能関係者も無視できなくなるのではないでしょうか」(同)

 今頃週刊誌の各編集長は、どうにかして「実話ナックルズ」の記者をスカウトできないかと画策しているかもしれない!?

最終更新:2019/02/05 06:00

新井浩文“強制性交等”逮捕をブチ当てた「ナックルズ砲」の精度が凄すぎ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ノーラン監督『テネット』レビュー

 潜在意識の世界が具象化された世界を『イ...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真