日刊サイゾー トップ > 芸能  > 清春の容姿変貌!「おじいちゃん……」

清春「急におじいちゃん」変貌ぶりにファン愕然! 事務所内のゴタゴタによるストレスが原因か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
相川七瀬公式Instagramより

 1990年代に大ブレイクした歌姫とロックミュージシャンの2ショットが話題を呼んでいる。

 2月24日、相川七瀬が自身のInstagramに清春との2ショットを投稿。2人は約20年ぶりの再会だったということで、ライダースジャケットに黒ブチメガネをかけた清春の横で、相川はうれしそうにピースサイン。清春について「お変わりなくカッコいい!」とコメントしていた。

 相川といえば1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューし、「恋心」「トラブルメイカー」などヒットを連発。一方、清春は、94年にロックバンド・黒夢のボーカルとしてデビュー。「少年」「MARIA」といったヒット曲を生み出している。この豪華な組み合わせに、ファンからは「時間が止まってるみたいです」「自分の好きなミュージシャン男性1位と女性1位の2ショットです!」など絶賛の声が上がっていた。

 しかし、ネット上では「清春はおじいちゃんなってるじゃん……」「お2人共お変わりあります」「清春めっちゃ老けてる!」「清春、割とショック……そりゃ年取るのは当たり前だけどさ……」と、清春の変貌ぶりに驚く声が続出。清春は目元が眠そう、ほうれい線が目立っている、口元が少し開き気味であまり写りがよくないなど、確かに往年の輝くようなオーラはまとっておらず、ネットの声は納得だ。

「オフ写真だから気を抜いているということもあるでしょうが、確かに老けて見えますね。清春さんといえばここ数年、公私ともにいろいろありましたから、疲れが顔に出ても致し方ないのでは」(音楽事務所関係者)

 99年に黒夢が無期限活動停止した後、清春はSADSやソロとして活動。そのSADSも2018年に活動休止しているが、今年はデビュー25周年のアニバーサリーイヤーとして、夏にカバーアルバムをリリースするという。


12
関連キーワード

清春「急におじいちゃん」変貌ぶりにファン愕然! 事務所内のゴタゴタによるストレスが原因かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真