日刊サイゾー トップ > 芸能  > sadsを復活させる清春がエイベックスの誤配信に激怒!! 松浦勝人社長が緊急謝罪

sadsを復活させる清春がエイベックスの誤配信に激怒!! 松浦勝人社長が緊急謝罪

kiyoharuhp.jpg清春 OFFICIAL WEB SITE

 1月29日に清春が自身のブログで黒夢とともに活動再開を発表したsads。5月1日武道館公演を行い、復活ののろしを上げる中、レコード会社であるエイベックスとの間に不協和音が生じている。

 6月30日にシングル「GOTHIC CIRCUS」だけを配信する予定が、エイベックスのスタッフの手違いによりアルバム『THE 7 DEADLY SINS』収録全曲を配信してしまうという事件が起こったのだ。7年ぶりのオリジナルアルバムに発生した不手際に清春はTwitterで次のように怒りを露にした。

「あれれ…な事件が起きてます。こんな事ってあり得るんだ…。ま、もともとアンチ配信だったから良いけど良くないでしょこれ。困りますエイベックス様。もう配信とか今後無しだな」

「レーベルからの正式なコメントを僕もまだ見てないってことは、当然表に出てない状態だし、5日のリスニングパーティもおかしなことになりそうだよね。事務所やってる僕がミュージシャンだから甘くみてるのかな」

 清春は怒りをぶちまけ、さらに誤配信に対するファンたちの怒りもReTweetで次々に紹介。その苦情は、エイベックス・松浦勝人代表取締役社長にも届き、ついに松浦社長自ら謝罪。Twitterで次のように釈明した。

「待望のアルバムを楽しみにして頂いていた皆様にとても残念な思いをさせてしまった事。清春さんとメンバーが魂を込めた作品をアーティストの意図しない形で全曲を世の中に出してしまった事。それがうちの社員の手によってなされてしまった事実を深く受け止め反省しております。申し訳ありませんでした」

 対して、清春は「結局アルバムはあと5日で出るわけなので今更対処して配信しなくてもいい。ややこしいのはみんなも望んでないわけなので。シンプルにアルバムの音聞いてライヴに来て下さい」とクールに発言。

 アーティストにとって楽曲は自身の血肉に等しい存在。それをレコード会社に不本意な形で世に出されては、怒りがこみ上げるのも必然だ。待望の7年ぶりのsadsの復活にエイベックスが水を差してしまったのは明らかのようだ。
(文=本城零次<http://ameblo.jp/iiwake-lazy/>)

THE 7 DEADLY SINS

7年ぶり。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
エイベックスが社運を掛けた”新人”ICONIQ 早くも「大コケ」が顕在化!?
「かなり無理をしている」エイベックスがゴリ押しするGIRL NEXT DOORは大赤字!
いきものがかりの事務所社長がエイベックス、オリコンを非難 AAA1位に嫉妬!?

最終更新:2010/07/05 11:40
こんな記事も読まれています

sadsを復活させる清春がエイベックスの誤配信に激怒!! 松浦勝人社長が緊急謝罪のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真