日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > とんねるずとDTの橋渡し役は……

「とんねるず」と「ダウンタウン」新たな“共演キーワード”はハイヒール?

文=平田宏利

「とんねるず」と「ダウンタウン」新たな共演キーワードはハイヒール?の画像1
ハイヒール・リンゴ(画像左/吉本興業公式サイトより)

 2月23日放送のとんねるずの木梨憲武のラジオ番組『土曜朝6時 木梨の会。』(TBSラジオ)に、ハイヒールリンゴが出演した。2人は同学年で、木梨が大阪を訪れた時には一緒に食事をする間柄だという。『土曜朝6時 木梨の会。』は加齢とともに朝型生活となった木梨が、ゆるく送る生放送で、リスナーから番組テーマソングや放送作家見習いを募集するなど、遊び心にあふれた番組といえる。

 木梨との意外なつながりが発覚したリンゴに期待される役割として「とんねるずとダウンタウン共演の橋渡し役」がありそうだ。

「とんねるずとダウンタウン共演は、現在のテレビ業界にとっては話題性十分のコンテンツといえるでしょう。両者の共演は14年3月の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で偶然実現して以来実現していません。本格的な共演に期待がかかるところですが、何かしらのクッション役は必要だといえるでしょう。タモリ、笑福亭鶴瓶、古舘伊知郎、ウッチャンナンチャン、ナインティナインの岡村隆史と思いつく人物は多いですが、意外性はありません。その点ハイヒールならば適役といえるでしょう」(業界関係者)

 なぜ彼女たちが、とんねるずとダウンタウンをつなぐ存在となりうるのだろうか。

「ハイヒールは、吉本興業の芸人養成所であるNSCの一期生同士ですから、大物となる前のダウンタウンを知る存在です。さらにいまだに相方のモモコとともに定期的に舞台に立つ『現役の漫才師』であり貫禄は十分であり、意外性もあります。女芸人のハイヒールをクッションにとんねるずとダウンタウンが共演というのは男女比を見てもバランスが良いといえるでしょう」(同)

 ラジオ番組ではサラリと、とんねるずのライブ復活も予告した木梨だけに、さらなるサプライズ企画にも期待がかかるところだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/03/04 11:00

「とんねるず」と「ダウンタウン」新たな“共演キーワード”はハイヒール?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

技能実習生の本当に迫ったルポ

 外国人技能実習生制度について日本のマスメディア上では悪い話ばかりが流通している。「...
写真