日刊サイゾー トップ > 芸能  > 明日花キララ「第2の飯島愛」に?

明日花キララのスタイルブックが“爆売れ”中!? 「第2の飯島愛」になれるのか?

明日花キララのスタイルブックが爆売れ中!? 「第2の飯島愛」になれるのか?の画像1
『neo nude…』(主婦の友社)

 AV女優の明日花キララの初のスタイルブック『neo nude…』(主婦の友社)が、女性ファンの支持を集めている。2月14日に行われた発売記念イベントで、明日花が明かしたところによると、「初版の部数は通常の3倍。やっぱり何万部とかはいきたいですね」とのこと。

「具体的な数字が呈示されていないので、“通常の3倍”と言われてもどの程度かはわからないのですが、それでもAV女優が女性向けにスタイルブックを出版するのは、極めて異例。明日花は男性なら知らぬ者がいないほど、AV業界では超メジャーな存在です。しかし、ここ数年は女性人気も高いんです」(芸能ライター)

 明日花の女性人気の秘密は、そのビジュアルにある。美容クリニックによる「美容整形でなりたい芸能人・有名人顔ランキング」の1位にも輝いているほど。

「Instagramのフォロワーが150万人も存在して、相当数が女性だったりします。彼女たちのお目当ては、明日花のメイクやファッション。デビュー時に比べて顔がかなり変わっている印象があるので、これまで整形説が取り沙汰されてきた明日花ですが、女性にとって“憧れの顔”であることに間違いありません。このまま女性人気が盛り上がっていくようだったら、“表の世界”でも大ブレークしそう。AV女優から人気タレントにのし上がった故・飯島愛さんになぞらえる声もあるほどです」(同)

 だが、AV界の大スターの明日花であっても、AV女優の看板を掲げている限りは、スポンサーの意向が強く働く地上波のゴールデンやプライム帯への出演はなかなか厳しい状況だ。AV女優という言葉すら、“セクシー女優”などと言い換えられるぐらい規制が強い。従って、これまでは深夜番組やCS番組など、活動の場が限られてきた。

「ただ、明日花ももう30歳。今後、AVの新作は出さないのでは。一時期、彼女のTwitterのプロフィールには“AVやってません”の文言がありましからね(現在は削除)。タレントへの完全転身をにらみつつ、AV引退のタイミングを測っている、というのが実際のところなのでしょう。かつては恵比寿★マスカッツの4代目リーダーとして、冠番組『マスカットナイト』(テレビ東京系)などのバラエティ番組にも出演してきただけに、タレントとしてのポテンシャルも高い。今後に十分期待できます」(同)

 現在、アパレル業も手がけるなど、活躍の場を広げている明日花だが、果たして“第2の飯島愛”となれるか?

最終更新:2019/03/11 12:00
こんな記事も読まれています

明日花キララのスタイルブックが“爆売れ”中!? 「第2の飯島愛」になれるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真