日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元AKB48が売り物にキスをして謝罪

元AKB48が売り物に“キス”をして謝罪! 「SNS映え」を狙って炎上する芸能人たち

岩田華怜 公式Twitter(@karen0513_)より

 元AKB48の岩田華怜が、Twitterに“売り物のぬいぐるみとキスをする写真”を投稿して炎上。9月17日に謝罪の言葉をツイートしていたが、未だに批判の言葉が相次いでいる。

 問題になったツイートは既に削除されているが、店内で“くまのプーさん”のぬいぐるみに顎をつけている写真が投稿されていた。同ツイートには「顎ドン(違う)」という文面が。また「いつもこの黄色い熊めちゃくちゃ持って帰りたいのに今日も置いてきてしまった。家においでよ。黄色い熊」というツイートも投稿されている。

 これらのつぶやきに批判の声が相次ぎ、岩田はTwitterで謝罪。「気分を害してしまった方、不快な気持ちにさせてしまった方々、大変申し訳ありませんでした」「みんなに恥じない推しになれるように頑張ります。一回失ってしまった信頼はなかなか取り戻せないと思うけど、また一から頑張らせてください」との文面を投稿した。

「一般人の投稿でも『迷惑行為』と指摘され炎上しがちな、売り物のぬいぐるみにキスをしている写真。それをフォロワー数7万超えの岩田が、Twitterの公式アカウントに投稿したとあって多くの批判が寄せられています。普段はファンの人しか書き込まないであろうリプライの欄にも、『常識を知らなすぎでは?』『他の人の手に渡るものなのに普通こんなことする?』『他人が口をつけたぬいぐるみなんて買いたくない! こんな写真をTwitterに投稿するのは営業妨害』といった声が。“ツイ消し”が迅速でなければさらに炎上していたことでしょう」(芸能ライター)

“SNS映え”を狙うあまり、迷惑行為に及んでしまった岩田。だいぶ前から一部ユーザーの迷惑行為が“インスタバエ”などとも揶揄されてきたが、未だに軽率な写真を投稿して炎上する著名人は後を絶たない。

「今年1月にはプロ野球選手の中田翔が炎上。問題になったインスタグラムの写真には、スーパーのショッピングカートに乗る中田選手が映っていました。それも日本のスーパーではなく、チームの合同自主トレで訪れたアメリカでの写真。これにはSNSなどで『同じ日本人として恥ずかしい』『海外で子どもみたいなことするのやめろよ……』といった声が続出しています。またセクシー女優の明日花キララも、花束と愛犬を写した写真が物議を醸すことに。他のユーザーから『ペットをSNS映えの小道具として使うな』『犬がかわいそう』などと批判されていました」(同)

 今も問題になっている、SNS映え狙いの迷惑行為。発信力のある芸能人には、特にマナーを守った写真を投稿してもらいたい。

最終更新:2018/09/18 15:30
こんな記事も読まれています

元AKB48が売り物に“キス”をして謝罪! 「SNS映え」を狙って炎上する芸能人たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...
写真