日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉野七宝実、干物グラドル確立!? プロ顔負けの特技が知れ渡り、女性から声援殺到

グラドル吉野七宝実の干物風呂画像にネット騒然! プロ顔負けの特技が知れ渡り、女性から声援殺到

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

吉野七宝実公式Twitterより

 3月6日、自身のTwitterに更新した写真が話題となったグラビアアイドルの吉野七宝実。吉野は「こちらがグラビアアイドルのお風呂場になります」というツイートとともに、自身の風呂場に大量の魚を干した画像をアップ。その魚の数は優に40は超えていると思われ、その写真の異様な迫力にネットは騒然。3月11日現在で6万もの「いいね!」と2.6万ものリツイートされるなど大反響を呼んでいる。

 ネットでは「どうせ風呂入ってるかわいい私の自撮りだろ? て思ったら全然違った(笑)」「若いのにマメで家庭的な子だね。私いい歳のおばさんで主婦歴も長いけど、こんなことした事ないし、やり方もわからないや」「主婦歴15年だけど、魚さばけないので、すごいと思う」「お母ちゃんの料理みたいで、好感もてる」「若いのにマメで感心しちゃう」と、吉野の魚さばきの腕前に絶賛の声が上がっている。

「吉野さんは釣り好きグラドルとして有名で、SNSでは“#しほみんの漁師飯”というハッシュタグで自分が釣った魚を使用して作る料理も披露しています。2月には自分が釣ったニジマスとイトウの卵でイクラを作ったり、ニジマスの燻製を作るなどかなり本格派ですよ!」(雑誌編集者)

 吉野もこの反響に喜びを表し、干物写真がバズったその日に、今度は干物で乳首部分を隠した“干物グラビア”を披露し、こちらも2.5万いいねと1万リツイートを記録するなど大好評。3月9日には「釣り歴はまだ短いけども、一生懸命上達したいと思って結びの練習したり魚の習性勉強したり、釣った魚を美味しく食べる方法を探したりしてます。そうやって努力してることが仕事のグラビアと結びついて干物グラビアで今回バズったのは素直に嬉しい」とツイート。6日以降も自分で釣った魚を塩焼きにしたり刺し身にしたりユッケにしたりと料理上手なところを見せている。

「吉野さんは本格的な海釣りができたり、魚をさばいて料理ができたり、さらには10年近くやっているボルダリングができるなどかなり多才なグラドルです。このSNSでの“干物ブレイク”を機に、一気に仕事が増えるのではないかと言われています」(同)

 新たなスターが誕生か? 彼女の今後の活躍に要注目だ。

最終更新:2019/03/11 23:30
関連キーワード

グラドル吉野七宝実の干物風呂画像にネット騒然! プロ顔負けの特技が知れ渡り、女性から声援殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真