日刊サイゾー トップ > 芸能  > 白鵬、千秋楽で大怪我でもニヤリ

白鵬、全勝優勝! 千秋楽で大ケガでも笑いが止まらないワケとは?

【校正待ち】白鵬、全勝優勝! 千秋楽で大ケガでも笑いが止まらないワケとは?の画像1
日本相撲協会公式Twitter (@sumokyokai)より

 大相撲春場所は横綱・白鵬が優勝したが、白鵬は千秋楽の取組で右腕を負傷。表彰式では賜杯を持つことができず、優勝旗も左手だけで受け取るなど、痛々しい姿を見せた。

 先場所は10日目まで無敗を続けるも、11日目から3連敗して休場に追い込まれ、不本意な結果に終わった白鵬。雪辱を果たすべく臨んだ今場所は盤石の取り口で連勝を続け、千秋楽でも鶴竜との横綱対決を制したが、最後の最後に大きな落とし穴が待っていた。下手投げで鶴竜を放り投げた白鵬は、自身も土俵下に転落。立ち上がるまでにはかなりの時間を要し、盛んに右手を気にしながら、厳しい表情で勝ち名乗りを受けた。フリーのスポーツライターが言う。

「優勝回数、幕内勝ち星、横綱在位など、あらゆる記録を更新し続ける白鵬ですが、ここ2~3年は“2勤1休”ないしは“1勤1休”が続いており、満身創痍の状態です。右膝や左足首の古傷は度重なる休場の原因となっていますが、今回の右腕のケガについて、本人は『多分、(筋肉や腱などが)切れている』と言っています。右四つの白鵬にとって右腕は生命線ですから、復帰まではかなり時間がかかるでしょう」(スポーツライター)

 平成最後の場所を全勝優勝で締めくくったものの、手酷い代償を被ることになった白鵬。しかし、それほど落ち込む必要がなさそうだと語るのは、週刊誌のスポーツ担当記者だ。

「白鵬の大いなる野望は、東京五輪で土俵入りを披露することです。前回の東京五輪にレスリング選手として出場し、母国モンゴルの国民的英雄となった父を持つ白鵬は、来年の東京五輪に特別な思い入れを持っています。そのためには、来年まで絶対に横綱でいなくてはいけませんが、ここ数年の状況を見れば、来年までフル出場するのは厳しい状態でした。しかし白鵬は今場所で全勝優勝を決め、健在ぶりを示すとともに、腕を痛めました。悲壮感すらある表彰式の様子を見た相撲ファンは『しばらく休んでも仕方ない』と思ったはずでしょう。横綱審議委員会としても、稀勢の里がまる1年以上も休んだのを不問にしたのですから、格段に実績のある白鵬に強いことは言えないはず。口の悪い関係者は、『もう(白鵬は)オリンピックまで出てこないんじゃない?』と言っていますよ」(スポーツ担当記者)

 相撲史上に残る大横綱だけに早い復帰を望みたいが、もはや無理をする立場ではないのは誰もが納得済み。こういった事情を勘案すると、休場は相当長引くことになりそうだ。

最終更新:2019/03/27 23:00
こんな記事も読まれています

白鵬、全勝優勝! 千秋楽で大ケガでも笑いが止まらないワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真