日刊サイゾー トップ > 芸能  > 瀧の賠償金5億の行方と広がる教訓

ピエール瀧、事務所契約解除……“史上最高賠償金”5億円の行方と芸能界に広がる「教訓」

ピエール瀧、事務所契約解除……史上最高賠償金5億円の行方と芸能界に広がる「教訓」の画像1
ピエール瀧

 アーティストで俳優のピエール瀧こと本名・瀧正則被告がコカインを使用したとして4月2日、東京地検に麻薬取締法違反罪で起訴された。起訴状等によれば3月12日、仕事用に自宅とは別に借りていた東京都世田谷区のマンションの一室で薬物を摂取して、使用したとされる。

 これを受けて、瀧が所属して芸能プロダクションのソニー・ミュージックアーティスツはマネージメント契約を解除したとオフィシャルホームページで発表した。

 出演作をめぐっては映画『居眠り磐音』は代役に奥田瑛二を立てて撮り直ししている。大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺~』(NHK総合)は瀧に代わって三宅弘城が出演。住宅設備メーカーの「LIXIL」はCMを打ち切った。

 テレビ局やスポンサーへの賠償金は5億円を超えるといわれ、芸能史上最高額を更新する見込みだ。

「芸能界ではピエール瀧が引き起こした事件を教訓にする動きが広がっています。薬物の使用など法律を犯すことで芸能人生を棒に振ったり、大きな負債を背負ったりするリスクがあるということをタレント側に教育していく機会を作っていく動きが広がっています。ある大手芸能事務所では、最近になってタレントやマネジャーとの面談回数を増やして、未然に不審点を察知できるような態勢をつくっています」(芸能関係者)

 ピエール瀧被告の場合も事前に不審な行動があったといわれている。

「地方のテレビ局でスタッフに突然怒鳴ったりと、感情の起伏が激しいということが知られていました。こういった情報を事務所側が事前に知っていれば、何かしらの対処ができた可能性もあります。今回のように最悪の結果を招き、多大な迷惑を各方面に掛けて、莫大な負債を抱えることもなかったはずです」(同)

 タレントを預かる芸能事務所側の防衛策もこれから強化されていきそうだ。

最終更新:2019/04/04 17:00
こんな記事も読まれています

ピエール瀧、事務所契約解除……“史上最高賠償金”5億円の行方と芸能界に広がる「教訓」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

ジャイアント白田を直撃!

 大食い番組全盛時代、フードバトルでモンスターと恐れられた男、ジャイアント白田。なぜ...…
写真