日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 石橋『たいむとんねる』終了不可避?

石橋貴明『たいむとんねる』“頼みの綱”高嶋政宏にも逃げられ終了不可避?

石橋貴明『たいむとんねる』頼みの綱高嶋政宏にも逃げられ終了不可避?の画像1
フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

 昨年4月にスタートするも、一向に視聴率が上向かない『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ。以下『たいむとんねる』)。新年度に入ってリニューアルが行われたが、番組を取り囲む状況は不安要素だらけで、いよいよ打ち切りが現実的になってきた。

 同番組は、とんねるずが長年抱えてきたレギュラー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了したことを受け、2018年4月にスタートしたもの。その内容は、“大人のノスタルジー”をキーワードに、石橋とゲストが昔懐かしい話をするというものだが、かつての“視聴率男”とは思えぬ体たらくが続いている。週刊誌の芸能担当記者が語る。

「30年近く続いた『みなおか』が終了し、いわばその代わりとして始まった『たいむとんねる』ですが、放送が23時台とはいえ、初回の視聴率が3%台で、2回目には2%台に落ちたため、いくら何でも低すぎると話題になりました。その後も視聴率は3%前後をウロウロしており、打ち切り候補の筆頭として名前が上がる番組でしたが、まだ頑張るようですね。ただ、リニューアル第1回目の進行役が永尾亜子で、次回が杉原千尋と、フジでも屈指の地味な女子アナが起用されているところを見ると、あまり多くは期待されていないようです」(芸能担当記者)

 テコ入れ後の第1弾では、「崎陽軒のシウマイ弁当をどういう順番で食べるか?」というネタについて語り合い、次回は「単なるキレイ好き以上の存在“潔癖”」というテーマが予定されている『たいむとんねる』。ただ、不振が続く同番組をこよなく愛した“頼みの綱”も、ついに番組から逃げてしまった。キー局関係者が語る。

「数字が奮わない『たいむとんねる』ですが、好評だったのが高嶋政宏の“変態グルメ”という企画です。高嶋と言えば昨年、SM好きを告白した『変態紳士』(ぶんか社)を発売したことで話題になりましたが、“変態グルメ”は、異常なまでに食を追求する姿を追ったもので、すでに第3弾まで放送されています。高嶋は第3弾のエンディングでも『次のロケはいつですか?』と、やる気満々でしたが、4月からテレビ朝日の裏番組に起用されたので、『たいむとんねる』への出演は不可能になりました」(キー局関係者)

 4月のリニューアルでは、レギュラーだったミッツ・マングローブも挨拶もなく消え、まるで沈む船から人が逃げ出すような状況の『たいむとんねる』。改編を生き延びたばかりだが、いよいよ打ち切り待ったなしに追い込まれたようだ。

最終更新:2019/04/11 17:00
こんな記事も読まれています

石橋貴明『たいむとんねる』“頼みの綱”高嶋政宏にも逃げられ終了不可避?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...…
写真