日刊サイゾー トップ > 芸能  > 石橋貴明の新番組「BS、CSなら成立」

石橋貴明“打ち切り寸前”の『たいむとんねる』に希望の光!?「BS、CSなら成立する」ワケとは

フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

 とんねるずの石橋貴明がメインMCを務める『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)。番組初回から低視聴率をたたき出し、早くも“9月打ち切り説”がささやかれているが、ある番組関係者は「新たなコンテンツを生み出せる可能性が見えてきた」と意気込んでいるという。

 4月中旬から始まった同番組で石橋は、ミッツ・マングローブとともに司会を務めており、毎回ゲストを招いて、石橋との関係やゲスト自身の話題の真相に触れて番組を盛り上げている。

「視聴率は2%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が多く、月曜23時台の地上波番組としては正直、かなり厳しい」(フジテレビ関係者)というが、完全にやられっぱなしかといえば、そうでもないという。あるテレビ制作会社幹部は「放送するチャンネルをBSやCSなどに変えることが前提」としながらも「十分、企画として成り立つ番組」だという。

 ネット上では、話題の古さや石橋のトーク力などを疑問視する声が聞かれるが「近年、なかなかバラエティ番組に出演しない工藤静香や、プロ野球界のレジェンド・江夏豊氏を番組に引っ張り出したのは、やはり石橋の番組だというのが大きい。彼らのような『石橋の番組だから出演しよう』という大物をどれだけキャスティングできるか。後は、話題のタレントや人物をタイムリーに出演させられるか。この2つができれば、生き残ることはできますよ」(同)と分析する。

 同局では「話題性」に特化したキャスティングで『ワイドナショー』を成功させている。芸能人としては名前がある石橋を活用する術は、まだまだあるということか。

最終更新:2018/06/04 06:00
こんな記事も読まれています

石橋貴明“打ち切り寸前”の『たいむとんねる』に希望の光!?「BS、CSなら成立する」ワケとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真