日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 広島カープ“大敗続き”の悲壮感

プロ野球・広島カープ“大敗続き”の悲壮感……メディア関係者も嘆き節

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

プロ野球・広島カープ大敗続きの悲壮感……メディア関係者も嘆き節の画像1
広島東洋カープ公式サイトより

 昨年までセ・リーグ3連覇したプロ野球・広島カープが、開幕から“大敗”を重ね続けており、9日から11日のヤクルト戦では3連敗。これで4カード連続負け越しとなり、貧打にあえいでいる同一リーグの阪神の下をいく最下位だ。

 大型補強した巨人との開幕戦こそ5-0で完勝したが、その後は負けが目立ち、7日の阪神戦では0-9、9日からのヤクルト戦では1-10、3-15、2-6と負のスパイラルが加速している。

 緒方孝市監督は試合後の会見を拒否したり、会見を自ら打ち切るなどイライラが溜まっている状況だ。

 球界関係者は「今は投手がダメ、さらに打てないとダメづくし。怖いのはここでレギュラークラスの選手がケガで長期にわたり戦線離脱となれば、その瞬間、ジ・エンドを迎えてしまう」と明かす。

 巨人にFA移籍した丸佳浩をはじめ新井貴浩が引退、エルドレッドも退団しており大幅な戦力ダウンは否めないが「それにしてもヒドすぎる」(同)と顔をしかめる。

 この状況について、地元のメディア関係者は「悪夢以外、表現のしようがない……。まるで1990年代の万年Bクラスだったことろに雰囲気が似ている」と嘆き節。しかも、去年までぶっちぎってチーム状況がよかっただけに、その落差に戸惑いを隠せない。

「今はどこの広島のローカルテレビ局も“カープ依存”が異様に高い。試合中継はもちろん、情報番組も“カープありき”。ただ、それはチームがある程度、せめて3位以内にいることが大前提です。かといって、ほかの企画を今から用意するといっても時間がかかるので、このままいくしかない。下手すれば、バブル気味の高さだった視聴率も急降下、番組制作やスポンサー獲得などに影響が出る可能性は高い」(同)

 ベンチ同様、カープでメシを食う関係者たちからも悲壮感が漂っているようだ。

最終更新:2019/04/12 17:00

プロ野球・広島カープ“大敗続き”の悲壮感……メディア関係者も嘆き節のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

内田有紀、マネジャーは柏原崇

 注目の医療系ドラマとして話題のNHK連続ド...…
写真
インタビュー

バイきんぐ西村の本当の“すごみ”

「キングオブコント2012」で優勝。無名のコンビは一夜にしてその名を世間に轟かせた。...
写真