「売名行為」と批判されたDOMMUNEが「坂上忍特集」を配信! 『バイキング』完全敗北へ……

2019/04/16 18:00

坂上忍

 4月15日、ライブストリーミングサイトDOMMUNEが「坂上忍特集」を配信し、話題となっている。

 DOMMUNEは3月26日、ピエール瀧のコカイン逮捕後、所属する電気グルーヴの楽曲が配信・出荷停止となる中、5時間にわたって彼らの特集番組を配信。Twitterでは4時間トレンド1位を占拠、46万以上の視聴数を集めるなど、大きな話題になった(参照記事)。

 翌日、坂上忍がMCを務める『バイキング』(フジテレビ系)でこの件が取り上げられたのだが、坂上をはじめ、出演者は「DOMMUNEなんて知らない」とコメント。さらに「売名行為では?」などとおちょくった。これに、DOMMUNEファンをはじめ、ネット上は大炎上。なんでもかんでもゴシップとして消費しようとするワイドショーの姿勢に批判が集まっていた。

 それから2週間、DOMMUNE主宰の宇川直宏氏は、火元となった坂上を”知る”ための番組を企画。前半は、音楽批評家・西耕一氏とプロインタビュアー・吉田豪氏を迎え、「成長と音楽~子役から俳優、そしてMCへ」と題し、坂上の半生を音楽で間接的に振り返るプログラムを配信。後半は、坂上がこれまでリリースした楽曲縛りのDJプレイが2時間にわたって繰り広げられたのだった。

「坂上さんとしては、若かりし頃のレコードがこのタイミングでフィーチャーされることに赤っ恥な部分もあったでしょうが、宇川さんの狙いはディスり返しではなく、坂上さんと音楽の浅からぬ関係を、坂上アンチをはじめ世間にも知らしめること。天才子役だった坂上さんは、小学生にして大量のシングルをリリース。一時ロックミュージシャンに転身し、勝手に日本語詞をつけた洋楽のカバーも出しています。つまり、嫌われご意見番の坂上さんにも、音楽に情熱を傾けていた時代があったということ。これによって、『作品には罪がない』『音楽は誰のものなのか』というDOMMUNE側の主張を、前回の電グル特集に続いて今回も証明して見せた。“知らないこと”を正義とするワイドショーのマウンティングに対し、相手を“知ること”によってリスペクトで返した宇川さんの手法はさすがとしか言いようがありません。今後、DOMMUNEのメディアとしての役割がますます期待されますね」(音楽ライター)

 事実、この番組を見た視聴者からは坂上の功績や、楽曲の良さを認める声が多数上がっている。

 一方、16日放送の『バイキング』ではこの件について完全にスルー。「昨日はありがとう」くらいの粋なコメントでもあれば、坂上の好感度も上がっただろうに、これではますます“裸の王様”ぶりが加速してしまいそうだ。

最終更新:2019/04/16 18:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む