日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 坂上忍「売名行為」発言にブーメラン

『バイキング』坂上忍「DOMMUNE売名行為」発言でブーメラン! ワイドショーの低能ぶりが露呈……

DOMMUNEより

 28日放送の『バイキング』(フジテレビ系)にて、ライブストリーミングサイト「DOMMUNE」が配信した5時間にわたる電気グルーヴのプログラムが取り上げられたが、その際の出演者の発言が物議を醸している。

 DOMMUNEでは26日、先のピエール瀧の逮捕を受け、瀧が関わったCDなどが回収されたり、ワイドショーなどでクラブカルチャー全般について“違法薬物がまん延している悪の巣窟”であるかのような報道がなされていることに異議を唱え、「これまでエレクトロニック・ミュージックの“礼楽”を我々に与え続けてくれた電気グルーヴの産み出した音楽への敬意の表明」として、「電気グルーヴの音楽のみがプレイされるプログラム」を5時間にわたって配信。46万6942ビューを記録し、Twitterトレンド日本1位、世界4位になるなど、大反響を呼んだ。

 いまだ世間の関心を集める”瀧関連”とあって、『バイキング』ではこの件を取り上げたようだが、出演者の森公美子は「TwitterでDOMMUNEがトレンド1位って、誰かが『1位を取ろうぜ』って呼びかけたんじゃないですかね?」と発言。続いてMCの坂上忍が「だってさ、ここにいる人でDOMMUNEって誰か知ってる?」と投げかけると、出演者全員が首を横に振り、「うがった見方すると(DOMMUNEの)宣伝なんじゃないですか?」などと言ってのけたのだった。

 これに対し、DOMMUNEファンをはじめ、ネット上は大炎上。「自分が知らない世界は無い世界ってこと?」「これだからワイドショーって嫌い」「無知って恐ろしい」「バイキング見てる人も身の回りにいないし」「テレビが先端の情報を発信する媒体から後追いする媒体に変わっていた事が可視化されてしまったな」「出演者の誰一人DOMMUNEを知らないのになんでこの話題取り上げたのか謎」といった批判が殺到し、TLは大荒れとなった。

「DOMMUNE主宰である宇川直宏さんは、“事実をねじ曲げずに報道するなら”という条件で『バイキング』が本件を取り上げることに承諾したようですが、あまりにもお粗末な内容でしたね。坂上さんはDOMMUNEの企画意図について書かれたパネルを読み上げている時から半笑いで、これも反感を買った一因です。2010年にスタートしたDOMMUNEは“Final Media”をうたい、多種多彩なジャンルのクリエイターらによるトークと、有名DJによるプレイ中継をほぼ毎日行っている。宇川さんのネットワークの広さが最大の魅力で、ミュージシャン、音楽ファン双方からの信頼も厚い。今回の電グルプログラムについても、『よくぞやってくれた!』『最高の夜だった』と伝説の回となっただけに、余計にファンの怒りを買ってしまったのでしょう。この件で『バイキング』は結果的に数字稼ぎにしか興味のないワイドショーの実態をさらした形になりましたが、音楽関係者の間では、頭の切れる宇川さんだけに、これも“織り込み済み”だったのでは? といわれています」(音楽ライター)

 坂上をはじめ、たびたび出演者の発言が物議を醸す『バイキング』。初めからネットニュースに取り上げられることを”狙って”やっている面もあるだろうが、自分の知らないこと=売名行為などと切り捨てる行為は、ワイドショーの低脳ぶりを世間に露呈させるだけだろう。

最終更新:2019/03/29 10:03
こんな記事も読まれています

『バイキング』坂上忍「DOMMUNE売名行為」発言でブーメラン! ワイドショーの低能ぶりが露呈……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真