中条あやみ&水川あさみ『白衣の戦士!』2ケタ発進も酷評の嵐「全体的にサムすぎ」「三浦大知の無駄使い」

2019/04/17 17:00

日本テレビ系『白衣の戦士!』ドラマ公式サイトより

 連ドラ初主演を務める中条あやみと水川あさみのW主演作『白衣の戦士!』(日本テレビ系)が4月10日にスタート。初回視聴率は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、2ケタ発進を切ったものの、1話目にしてすでに先行き不安な内容でした……。

 その理由も含め、まずはあらすじから振り返っていきたいと思います。

 

まんま『ナースのお仕事』

 物語の主人公は、元ヤン新米ナースの立花はるか(中条)。四季総合病院・外科病棟で働くことになった彼女は、やる気と度胸だけはあるものの、初日から失敗しまくりで指導係の先輩ナース・三原夏美(水川)に叱られっぱなし。しっかり者の同期・斎藤光(小瀧望/ジャニーズWEST)とは差がつく一方です。

 そんなはるかが点滴交換を担当した患者がしばらくして急変。三原から「ナース失格」と叱られてひどく落ち込み患者も元へ謝罪に行くものの、実は、自分で点滴の速度を速めていたことを打ち明けられ、「あなたは悪くない」とフォローされます。しかしはるかは「このまま私のせいにしちゃいましょう!」「その代わりにもうやっちゃダメですよ!」と患者を気使い、場を和ませるのでした。

 はるかのもうひとりの担当患者は、超生意気な高校生・細川潤也(鈴木仁)。腸閉塞で入院中の彼は未成年なのにタバコを吸おうとしたり、ドクターから止められていた固形物を食べようとしたりと、超問題児で、元ヤンのはるかが厳しく注意しても何のその。ついに病院を抜け出してしまい、彼を探しにはるかは病院を飛び出します。

 仲間とハンバーガーを食べた後、彼が向かったのは母・智子(富田靖子)が働く居酒屋でした。見舞いに来ない智子に「見捨てられた」と思っていた潤也ですが、夫が家を出ていって以来、入院費を工面するため働き詰めで病院に行きたくても行けない状況だったことをはるかから聞き、せっせと働く母の姿をひっそりと見守りに来たのです。親子が久々の再会を果たしたとき、潤也が倒れてしまいます。

 その場に居合わせたはるかは、救急車が来るまでの間、泣きそうになりながらも電話越しの三原の指示を頼りに応急処置を施し、無事病院に運ばれた潤也は手術を乗り越え一件落着。

 その後、「三原さんが指示してくれなかったら何もできなかった」「本当、ナース失格ですよね」と自分の不甲斐なさを反省するはるかに、「立花さんのミスじゃなかったのにひどいこと言っちゃって」「あんたはちゃんとナースだった」と三原がきちんと謝り、2人は和解(?)――というのが1話のあらすじでした。

最終更新:2019/04/17 17:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む