日刊サイゾー トップ > 芸能  > 枡田アナ、ラブラブ話は控えるべき?

“マスパン”枡田絵理奈アナ第3子妊娠報告も「ラブラブエピソード」は控えるべき?

マスパン枡田絵理奈アナ第3子妊娠報告も「ラブラブエピソード」は控えるべき?の画像1
枡田絵理奈アナ 公式インスタグラム(@masuda_erina official)より

 元TBSアナウンサーの“マスパン”こと、枡田絵理奈が16日放送の『超特大さんま御殿!! 坂上忍ヒロミ女子アナ 豪華芸能人が満開SP』(日本テレビ系)に出演し、第3子妊娠を告白した。

 プロ野球・広島東洋カープの堂林翔太との結婚からすでに5年がたち、2人の子をもうけた今でも、夫が好きなアイドルに嫉妬してしまうなど、番組でアツアツぶりを明かした桝田だったが、ハイペースな子づくりに堂林の不調の原因を求める声もある。

「入団当初からカープのプリンスと誉れ高かった堂林ですが、入団10年目の現在も1軍定着は厳しそうで、ブレークには程遠い。特に枡田との結婚以来、パッとしない成績が続いています。そんなことから、子づくりばかり励んで本業に身が入らないのでは、との心ない批判もあります」(スポーツ紙記者)

 第3子の妊娠についても、ネット上では「夜のバットは好調ですね」「嫁は妊娠ダンナは三振」「腰振ってないでバット振れ」といった書き込みが相次いでいる。

「今シーズンはまだ始まったばかりですが、カープは17試合を消化して5勝12敗と最下位(4月17日現在)。堂林もここまで12打席しか立てておらず、打率も1割を切る有り様。気は早いですが、堂林もチームも絶不調のままシーズンを終了すれば、戦力外通告を受けてもおかしくありません。そうなると、立て続けに子どもを3人もつくって生活は大丈夫なのかと、心配する声も聞こえてきます。もっとも、桝田は今年に入って仕事を増やしており、もしものときには自分が家計を支えていくことも視野に入れているのでしょう」(同)

 先月出演した『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、夫と同じ部屋にいて便意を催した際にはコンビニのトイレを利用すると明かすなど、出演番組でいまだ恋人同士のようなアツアツぶりを披露することが多いマスパン。だが、不調の夫の耳にいらぬ雑音を入れないためにも、ラブラブエピソードは控えたほうがいいかもしれない。

最終更新:2019/04/18 23:00
こんな記事も読まれています

“マスパン”枡田絵理奈アナ第3子妊娠報告も「ラブラブエピソード」は控えるべき?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

「くまだまさしは、テレビのオファーを断っている」  その情報がわれわれの耳に飛び込ん...
写真