日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > NGT48山口真帆の訴えを絶対に受け入れられない事情
【wezzy】

NGT48山口真帆の「つながりメンバー辞めさせて」訴えを絶対に受け入れられない事情

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 NGT48からの卒業を発表した山口真帆が25日朝、Twitterを更新した。<卒業発表を終えて今の気持ちを改めて書きました。読んでくださると嬉しいです>と切り出して、ファンへの感謝や今後の活動について綴っている。

<AKB48が、そしてアイドルが好きでした。アイドルを好きになってしまった自分を恨み、親の反対を押し切ってアイドルになった自分も恨みました。NGT48にならなかったら、こんな思いしなかったのではないかとも思いました。でも今はNGT48になって良かったと思っています>

<アイドルは辞めてしまうけど、1人の人として、皆さんにまた愛してもらえるような、強く優しい女性になりたいなと思います。後ろ指を指されようが、自分が信じた道に向かって、まっすぐに生きていきたいです>

 山口真帆の卒業が、決して円満なものではないことは誰の目にも明らかだった。

 卒業発表時、山口真帆は「私はアイドル、そしてこのグループが大好きでした。だからこそ、このグループに変わってほしかったし、自分が辛かったからこそ、大切な仲間たちに同じ思いをしてほしくないと、すべてを捨てる覚悟で取った行動でした」と、暴行事件を告発した経緯について改めて説明。

 株式会社AKSの吉成夏子社長からは「会社を攻撃する加害者」と言われたとも明かし、そのうえで「メンバーを守りたい、真面目に活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であってほしかっただけで、何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」と述べて、無念の涙を滲ませていた。

 山口真帆と、NGT48運営やAKSの間に、なぜこれほどまで深い溝が出来ているのか。1月の暴行事件告発から、山口真帆は「グループを健全化させたい」「メンバーを守りたい」という姿勢を貫いている。最後までその信念を曲げることはなく、NGT48運営やAKSと闘い続けてきた。

 一方のAKSとしては、グループ健全化は建前上も必須ではあるものの、「メンバーを守りたい」は大袈裟だとの認識があるだろう。また、グループを守るにあたっては、世間への告発をすべきではないというのが組織側の見方であることも確か。だからこそ山口に対して「会社を攻撃する加害者」との言葉も飛び出すのだろう。

 

山口真帆の「つながりメンバー辞めさせて」訴えは終始一貫
 25日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、山口真帆が卒業公演で見せた涙の訴えを「恨み節」と評している。その記事は、12月8日の暴行事件発生直後、寮近隣の公園で、山口真帆と犯人グループが言い争いになった様子を伝える録音データの存在を伝えるものだった。

 このデータは山口が被害にあった際にかけつけた村雲颯香が録音したもので、第三者調査委員会にも提出されたという。その内容は<普段おっとりしている山口さんが、聞いた事のないような激しさで犯人を問い詰める声>が入っているとし、また<山口さんは恐怖の反動から『ぐちゃぐちゃにする』『全員辞めさせてやる』といった内容の発言をしていて、犯人とつながりが疑われるメンバーの名前を次々に挙げて詰問している>と伝えている。

 同誌によればこのテープにこそ、<「まだどこにも出ていない事件の核心」が存在している>とのことだ。その核心とは何なのか、もったいぶらずに書いていただきたいものだが、山口が気の合わないメンバーをなんとかして辞めさせたいがためにコトを大袈裟にした、というところだろうか。

 録音テープは第三者委員会と数名のメンバー、今村悦朗元劇場支配人が所有しているという。あたかも内通者が山口真帆の印象を操作しようとしているかのようにも感じられてしまうが、たとえテープの存在と山口真帆の激昂が事実だったとしても、山口真帆が事件告発当初から主張している「グループを健全化させたい」という訴えとはなんら矛盾点はなく、山口を貶める物証にはならない。むしろ、山口真帆のネガキャンが始まったことで、AKSへの不信感は強まるばかりだ。

 そもそも、オートロックの自宅マンションにファンの男が侵入し、玄関先で声をかけられ、抵抗しようとしたら口をふさがれ、助けを呼んだら向かいの部屋からも男の仲間が登場するという展開に恐怖を覚えるのは、「大袈裟」なことだろうか。上記内容自体はでっちあげではなく事実だと男たちも認めているはずだ。第三者委員会の調査報告書でも、事件の詳細はまとめられている。山口は怪我などを負ったわけではないにしろ、恐怖を覚えたことは確かなのではないか。

 むしろ、この事件状況が事実だとしても「それくらいでここまで騒ぐなんて……」と驚くような対応をしているAKSこそ不可解。AKSにとって、またファンと私的領域でつながることが普通になっていた一部のメンバーにとっては、「それくらいのこと」だとしても、一般的に考えれば充分、恐ろしい事件だろう。

 山口真帆が被害を告発したのは「悪いことをしているメンバー」の処分をするという今村氏との約束が反故にされたから、だった。録音テープでの発言から終始一貫している。

 

 また、地元紙の「新潟日報」によれば、山口真帆はグループメンバーの寮であるマンション内の自室前で襲われたことに危機感を持ち、<男たちに自分の詳しい生活状況を把握されているとして、山口さんは「他のメンバーが情報を漏らしている」と運営側に訴えた>というが、運営側はメンバーの事件関与を認めず、山口の訴えを退けたという。

 AKS関係者によれば、「AKS内部では、暴行事件はメンバーの教唆によるものではないというのが共通見解で、山口の主張と相容れない」。そして警察の捜査も第三者委員会の調査も終了している以上、暴行事件への一部メンバーの関与という部分については、山口の主張通りにいかないのも仕方がないことなのかもしれない。

 それでも前述したように、この事件を「それくらいのこと」で済ませられるだろうか? 到底そうできないからこそ、ここまで世間はAKSに批判的になっているのだ。世論としては圧倒的に山口支持が優勢。ファンがアイドルの私的領域に踏み込むことをアイドル運営が容認すべきではないし、自宅に侵入されそうになった事件を軽んじるべきではない。

[wezzy_blogcard 65526]

最終更新:2019/04/26 07:15

NGT48山口真帆の「つながりメンバー辞めさせて」訴えを絶対に受け入れられない事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

金爆「もう紅白に出してくれない」現実に

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NH...…
写真
インタビュー

『富豪刑事』タッキーとの舞台裏…伊藤監督語る

『劇場版ソードアート・オンライン~オーディナル・スケール~』『富豪刑事 Balanc...
写真