存在感薄れる日テレ・水卜麻美アナ キャスター路線へのシフトが上手くいかず、カトパンと同じ失敗も?

2019/05/04 11:00

水卜 麻美さん(@mito_meat) Instagram写真と動画より

 人気No.1女性アナの称号をほしいままにする日本テレビの水卜麻美アナだが、ここ最近その存在感が薄れてきているという。

「人気は相変わらず高いのですが、日テレ局内でも扱いがちょっとずつ変わりつつあるようです。今年で入社10年目となるし、“アイドルアナ”的な役割から、“キャスター”の方向性にシフトしているみたいです。日テレの顔として重要な場面で起用されることも多いのですが、バラエティーなどは後輩に譲ることも増えています。その結果、存在感が薄まっていると感じられることもあるのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

 キャスター路線にシフトしているというが、必ずしも上手くいっていないようだ。

「現在水卜アナは朝の情報番組『スッキリ』のサブMCを担当していますが、必ずしも水卜アナでなければならない仕事ではない。本当にキャスターに育てたいのであれば、夕方か夜のニュース番組に起用すべきなんですよね……。まあ実際問題として、いきなり水卜アナをニュースの顔にするのはあまりにもやりすぎだということで、徐々にシフトしているという感じなのかもしれません」(同)

 しかし、本当に水卜アナをキャスターとして成功させたいのであれば、そんな悠長なことは言っていられないとの意見もある。

「フジテレビはこの4月から加藤綾子アナを夕方のニュース番組『Live News it!』のメインキャスターに起用しましたが、視聴率は振るわず。業界内では、『すでにカトパン人気は峠を超えた。もっと早く起用すべきだった』との声が出ています。水卜アナもこのまま少しずつキャスターにシフトしていったなら、カトパンと同じ轍を踏むことになりかねない。できるだけ、人気が高い時にこそ、大きな仕事を任せるべきなんです」(制作会社幹部)

 加藤アナは、2016年にフジテレビを退社。フリーになって3年後に本格的なキャスターデビューを果たしたこととなる。

「加藤アナがフリーになった瞬間が、キャスターデビューのベストタイミングだったと思います。フリーになった瞬間であれば、注目度も高いし、本人の価値も高まりますから。水卜アナについても、フリーになったと同時に、日本テレビニュースの顔になるというのが、ベストな道だと言えます」(前出・制作会社幹部)

 とはいえ、フリーになった直後のアナウンサーに重要な仕事を任せるのはそう簡単ではない、テレビ局の事情もあるようだ。

「もし水卜アナが退社して、その直後に日テレの報道番組のメインキャスターになったら、局内で反発が出るでしょう。上層部からは『退社した人間を使うとは何事だ』という声もあるだろうし、自分たちを差し置いて退社した人間を使うことに対するアナウンス部内からのブーイングも少なくないはず。社内の空気を考えると、水卜アナの価値を高めることだけに力を注ぐことはできないんですよ」(前出・テレビ局関係者)

“社員”ならではの面倒くさい事情も絡んで、足踏みしている状態の水卜アナ。日本テレビとしては、そう滅多に出てくることのないスターアナウンサーを上手く活用したいところだろうが、果たして……。

最終更新:2019/05/04 11:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む