日刊サイゾー トップ > 芸能  > 博多大吉スキャンダルを予言?

博多大吉、赤江珠緒とのスキャンダルを『アメトーーク!』が予言していた?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

博多華丸・大吉

 ラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)で共演するフリーアナウンサー、赤江珠緒との2ショット芝生デートが「FRIDAY」(講談社)に報じられた博多大吉の素性に関心が集まっている。もともとスキャンダルや性的なにおいがしない存在であるだけに、余計注目されてしまったといえるだろう。

 だが大吉の「裏の顔」にして「本当の姿」は、すでに『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で暴露されていた。

「2012年に2週連続でオンエアされた『華丸大吉芸人』特集ですね。彼らと親交のある芸人の中から、福岡吉本の直接の後輩芸人であるパンクブーブー、バッドボーイズ、おたこぷーのほか、ケンドーコバヤシ、麒麟、椿鬼奴らが出演しました。『2人で飲みに行く』コンビ仲の良さや、『店からサインを求められると相方の分を空けておく』といった『イイ人』エピソードが披露されました。この放送回はかなり話題となり、同年の『アメトーーク大賞』を受賞しています」(芸能関係者)

 この回では笑いにされていたものの、今回の大吉のスキャンダルを示唆するエピソードも登場している。

「内弁慶な性格のようで福岡吉本の後輩芸人だけになると、テレビを見ながら共演したアイドルや女優が出てくるたびに『この子、この間俺に色目使ってきたけんね』『俺、女抱いているぞ』と話し出すと、パンクブーブーの黒瀬純に暴露されていました。さらに、麒麟の川島明とサシで飲んだ時には『僕にだって性欲はあるよ。しかも強いよ』と唐突に話しだしたそうです」(同)

 これに対し大吉は、後輩芸人からゴシップがないといわれるので、飲んで煽られると「そんなことないぞというウソが発動する」と話し、笑いに変えていた。ただ、赤江アナとの一件の見る限りは、女好きにして性欲が強いキャラクターはまんざらウソでもなさそうだ。これからは「男を出しているプレイボーイキャラ」を打ち出しても良いかもしれない。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/05/07 06:00

博多大吉、赤江珠緒とのスキャンダルを『アメトーーク!』が予言していた?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真