日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『あさイチ』後任予想はサンド?

博多大吉“芝生添い寝デート”騒動でNHK『あさイチ』降板に現実味!? 後任にサンド、谷原章介を推す声も

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

TBSラジオ『たまむすび』より

 4月19日発売の「FRIDAY」(講談社)で報じられた、博多華丸・大吉の大吉とフリーアナウンサー・赤江珠緒の芝生添い寝デート。騒動後、初共演となったTBSラジオ『たまむすび』では、同番組の木曜レギュラーだったピエール瀧の逮捕を受け、赤江から大吉に番組を終わらせる方向で考えているという相談を持ち掛けていたことが明かされたが、サバサバしたイメージで女性人気が高かった赤江だけに、好感度急落は免れそうにない。

 一方、大吉への風当たりも強くなっている。華丸大吉の2人は現在、NHK朝の情報番組『あさイチ』でMCを務めているが、視聴者の間では大吉に対する不信感が募っているようだ。

「有働由美子アナ&V6井ノ原快彦コンビのあとを受け、昨年4月から2代目MCに就任した2人ですが、たびたび大吉さんの男尊女卑な一面が見え隠れしているんです。性的同意についての特集では、同意のチェックリストが書かれたフリップを見て、『いちいち(相手に)言わなくちゃいけないのかと思っちゃう』などと発言。また、森高千里がプレミアムトークに出演した際、代表曲『私がオバさんになっても』について『森高サンが歌うなら手拍子できるけど、『マジにオバさんになってんじゃん』って人が歌っても……」と発言し、視聴者から反感を買いました。よくいえば、女は黙って男についてこい、という典型的な九州男児ですが、女性目線を掲げ人気を博してきた『あさイチ』だけに、大吉との相性の悪さが日に日に目立ってきています。そんななか今回の騒動が起き、一部視聴者からは”やっぱり大吉は要らない”と、降板を求める声も出始めています。スキャンダルを嫌うNHKだけに、まったくない話でもなさそうです」(芸能ライター)

 ネット上では、早くも次のMC予想が始まっている。

「一番人気は、好感度抜群のサンドウィッチマン。そのほか、7人の子どもを持つ谷原章介や、先日、舞台出演中の華丸の代打を務めた藤井隆の名前も挙がっています。一方、『芸人はいらないから、アナウンサーでいい』『淡々と司会だけしてほしい』という声も少なくありません。また、今回の騒動以前に、華大と近江友里恵アナの傍観者丸出し感に不信感を持っている人も多いようです。スタッフとしては、温和なイメージで万人受けする華大を起用したはずが、その当たり障りのなさに、かつての番組ファンは物足りなさを感じているよう。近江アナも、いまいち存在感を出せていない。私の周りでも華大になって番組を見なくなったという人は多いです」(同)

 前任の有働アナ&イノッチコンビの好感度が高すぎただけに、そこと比べられてしまうのは気の毒だが、大吉の”本性”発覚し、いよいよ番組のコンセプトも揺らぎつつある。今回の騒動をきっかけに、スタッフは初心を取り戻すべきかも!?

最終更新:2019/04/26 15:28

博多大吉“芝生添い寝デート”騒動でNHK『あさイチ』降板に現実味!? 後任にサンド、谷原章介を推す声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真