日刊サイゾー トップ > スポーツ  > イチロー、オファーを総スルー!

イチロー、日本メディアからのオファーを総スルー! 各局必死の交渉も実らず……

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

イチロー、日本メディアからのオファーを総スルー! 各局必死の交渉も実らず……の画像1
シアトル・マリナーズ公式Twitter(@Mariners)より

 日米のプロ野球で数々の金字塔を打ち立てたイチローの引退から、1カ月以上が経過した。

 引退会見では「この日を迎えられたことを大変幸せに感じております。後悔などあろうはずがありません。自分なりに頑張ってきたということははっきりと言えます」と照れ笑いを浮かべ、今後について質問されると「監督は無理。人望がない。それぐらいの判断能力は備えているので。トレーニングしますよ。ゆっくりするのは苦手なので」とイチロー節を交じえてコメントしていた。

 現在イチローは、シアトル・マリナーズのインストラクターとして選手の指導にあたっており、弓子夫人と愛犬・一弓とゆっくり過ごす時間はお預けとなっているようだが、今後、日本での活動についてはどう考えているのだろうか。

「あるテレビ局では、イチローをキャスティングするための担当を置き、独占インタビューを取り付けようとオファーを出していますが、断られているようです。テレビ局、出版社、新聞等の各メディアはなんとかイチローとの接点を持ち、自社のオファーを了承してもらおうと必死になっています。ダウンタウンの浜田雅功や読売ジャイアンツの前監督、高橋由伸氏と対談させようとしたり、今オフにでもと、ドラマ、バラエティー番組のキャスティング交渉したり、東京オリンピックのキャスターや解説をお願いしたり、と各社趣向を凝らし、さまざまに画策して引っ張り出そうとしていますが、どれもうまくいっていないようです」(テレビ局関係者)

 日本政府はイチロー本人の意向を踏まえ、国民栄誉賞の授与を見送った。

「その一方で“古巣”『オリックスグループ』の新しいCMでは川栄李奈と共演し、4月19日から放送されています。ありとあらゆるオファーが殺到していますが、当面は自身のイメージを保つために、これまで出演してきたCM以外は断る意向のようです。これからもマリナーズとの関係は継続していくといいますから、日本で活動することは、しばらくはなさそうです」(同)

 多くの人に夢や希望を与えてきたスーパースターだけに、日本のメディアにもっと多く出演してもらいたいものだが……。

最終更新:2019/05/10 23:00

イチロー、日本メディアからのオファーを総スルー! 各局必死の交渉も実らず……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

伊藤智彦監督BEST映画『スタァライト』

映画『劇場版ソードアート・オンライン~オーディナル・スケール~』『HELLO WOR...
写真