日刊サイゾー トップ > 芸能  > 令和最初にブレークするのは誰!?

王林、神田松之丞、ナタリー・エモンズ……令和最初にブレークするのは誰だ!?

王林、神田松之丞、ナタリー・エモンズ……令和最初にブレークするのは誰だ!?の画像1
左:王林、右上:神田松之丞、右下:ナタリー・エモンズ(各公式サイトより)

 5月1日から新たな元号「令和」がスタート。ニュース番組や情報番組は改元関連のニュースであふれている。新時代の始まりとともにブレークするのは一体誰なのか? お笑い番組関係者が推すのは王林だ。彼女は青森のローカルアイドルグループ「りんご娘」のメンバー。まるで中国人のような名前だが、りんご娘のメンバーにはりんごの品種の名前が付けられており、バリバリの津軽弁で話す青森育ちだ。

「これまでも“天然”や“訛り”を売りにする女の子はたくさんいましたが、王林はその2点がいずれも飛び抜けていて、それだけでも『つかみはOK』です。昨年あたりから全国放送のバラエティに少しずつ出演していますが、明石家さんま、ウッチャン、マツコ・デラックス、有吉弘行など、超売れっ子がMCを務める番組でもしっかり爪痕を残しており、これからオファーはますます増えそうです。鈴木奈々が始球式騒動で炎上し、一気に仕事を減らしそうな勢いなので、“おバカ枠”が1つ空いたのも大きいでしょう」(お笑い番組関係者)

 一方、キー局の関係者が注目するのは講談師の神田松之丞だ。講談は、歴史的な事件や人物を扱った物語を、注釈を加えつつ調子を付けて語る話芸。そんな講談の世界で、松之丞は「チケットが取れない講談師」としてその名が鳴り響いている。

「ラジオファンの間ではすでに名の知れている神田松之丞ですが、最近になって徐々にテレビにも出るようになり、4月からは深夜で滝沢カレンとともに冠番組『松之丞カレンの反省だ!』(テレビ朝日系)も始まりました。これがなかなか好評で、5回限りで終わるはずだった番組は延長が決まりました。講談というなじみのないジャンルだけにゲストとして呼びやすいですし、来年には真打ちに昇進して『神田伯山』を襲名するという話題性もあります。一昨年、立川志らくが一気にブレークしましたが、志らくのようにテレビに出まくる可能性もあるでしょう」(キー局関係者)

 そしてもう1人、テレビ関係者が推すのは、アメリカ人女優のナタリー・エモンズだ。名前を聞いただけでは「誰?」という人がほとんどだろうが、彼女の顔は多くの人が知っているはず。宿泊施設の料金比較サイト「トリバゴ」のCMに出ている美女だ。

「トリバゴのCMで有名になったエモンズは昨年秋から旅番組『じょんのび日本遺産』(TBS系)にレギュラー出演していますが、先日、テレビ番組としては初めて、文化庁とタイアップすることになりました。こうなると番組は当分終わらないでしょう。すでに顔は視聴者に知られていますし、何回か出演したバラエティでは意外な天然ぶりも見せています。女優や歌手もできるので、これから重宝されることになりそうです」(テレビ関係者)

 3人とも全くの無名の存在ではなく、ブレークしそうな香りはプンプン。果たして、真っ先に来るのは誰?

最終更新:2019/05/13 10:00
こんな記事も読まれています

王林、神田松之丞、ナタリー・エモンズ……令和最初にブレークするのは誰だ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

さらば青春の光、コントの極みへ

 2008年に『キングオブコント』への参加を目指して結成され、結成10年目を迎えるお笑...
写真