日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山田優「両陛下お疲れ」炎上の原因

山田優、「天皇皇后両陛下お疲れ様でした」で大炎上! 問題は言葉使いよりも“炎上体質”が原因か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

山田優公式Instagramより

 4月30日、自身のインスタグラムに上皇上皇后両陛下に対する感謝を投稿したものの、それが炎上してしまったタレントの山田優。山田はお2人の写真と共に「天皇皇后両陛下お疲れ様でした。ありがとうございました。。。皆様、平成最後の夜、、、素敵な夜をお過ごし下さいませ」と投稿。この「お疲れ様」が失礼にあたるとして、ネット上では山田に対する批判の声が相次ぐ事態となった。

 しかしその後、国語辞典編纂者で『三省堂国語辞典』編集委員の飯間浩明氏が自身のTwitterにて「目上への『お疲れさまでした』が不可とされるなら、それは新しい謎ルールの誕生だとしか言えません。炎上を伝えるニュースは〈日本語の使い方としては間違っているかもしれないが〉と述べますが、べつに間違っとらん」と見解を述べるなどし、山田の言葉遣いは特に間違っていなかったのでは、と見る向きも。

 しかし、やはりその後もネット上では「お疲れ様でしたは間違ってはないけど両陛下にかける言葉ではないかも」「そもそもの話として『お疲れ様』という我々の日常でも使い古されている言葉をチョイスしたことが間違い」「山田優はもうインスタしない方がいいな、何言っても炎上してるね」といった批判的な声が上がっていた。

 確かに山田といえば、昨年7月に西日本豪雨の被害が落ち着かぬ中、「梅雨も明けた?ので夏の必需品〜!」とUVスプレーを紹介。コメントなどに「不謹慎」といった声が溢れるなど炎上状態になり、「見たくない方は見ないで下さい。フォローも外して下さい」と訴えかけていたことも。

12

山田優、「天皇皇后両陛下お疲れ様でした」で大炎上! 問題は言葉使いよりも“炎上体質”が原因かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

瓜田純士、夫婦間の山一抗争勃発!?

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、瓜田純士が夫婦名義で新曲を作った。タイトルは「...
写真