長澤まさみが激太り!? 劇中とのギャップはなぜ生じるのか

2019/05/14 08:00

『コンフィデンスマンJP』公式Twitter(@confidencemanJP)より

 人気女優ともなれば、その容姿をチェックされることは日常茶飯事だろう。圧倒的な美貌とスタイルを持つ長澤まさみには、現在、“激太り疑惑”が浮上している。

 8日、都内で行われた主演映画『コンフィデンスマンJP』のワールドプレミアにサプライズ登場した長澤。観客がどよめく中、「ネタバレすると楽しみが半減しちゃう物語なので、ネタバレがないように、うま~く広めてください!」と笑顔で語ったが、顔はふっくらで劇中の彼女とはまるで“別人”。この模様は翌日の情報番組でも取り上げられ、ネット上でも「一気に太った」など、散々な言われようだった。

 長澤は同作のほかに公開中の映画『キングダム』で山界の王・楊端和(ようたんわ)を熱演。激しいアクション以上に注目されたのは、露出度の高い衣装で、公開直後から「長澤まさみの太ももがセクシーすぎる」と大反響だった。それと比べると、前出舞台挨拶の長澤は確かに激太りして見えるが……。“カラクリ”について映画関係者が明かす。

「多少は太ったかもしれませんが、彼女はいつもあんな感じですよ。太ったように見えてしまうのは、映画で修正をかけまくっているからです。長澤さんなんか、まだかわいい方で、別の映画では某イケメン俳優の肩に入ったタトゥーが完全に消えていましたし、ある女優さんのバストはだいぶ盛られていました。年配女優の中には、自ら『こことここのしわを消して』などと注文してくる人もいるほどです」

 エゴサーチが日課で、自身のネット記事もくまなく読んでいるという長澤。いまごろショックを受けているに違いない。

最終更新:2019/05/14 17:36

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む