日刊サイゾー トップ > 芸能  > 紫艶、AV復帰を売り込んでいた!?

“桂文枝の愛人”紫艶、死の直前にAV復帰を売り込んでいた!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

桂文枝の愛人紫艶、死の直前にAV復帰を売り込んでいた!?の画像1
紫艶

 演歌歌手の紫艶(しえん)が3月7日、都内の自宅で病気のために亡くなっていたことがわかったのは、5月2日のこと。41歳という若さでの急死には驚いた人も多かった。

 紫艶の名前が一躍知れ渡ったのは、2016年に発覚した桂文枝との「20年不倫」だった。

「不倫騒動を受け、文枝は謝罪会見を開き、『嫁さんを裏切るようなことになって……』と謝罪。紫艶も『サンデージャポン』(TBS系)に電話出演し、歌手活動引退を宣言していましたが、その後、紫艶のフェイスブックから文枝の“全裸写真”が流出するなど大騒動に発展。また、紫艶は16年3月に『FRIDAY』(講談社)でヘアヌードを披露。同年9月にはAVデビューを果たし、その後メーカーを変えて3本に出演しています」(週刊誌デスク)

 この訃報を記者に知らされた文枝は絶句したというが、芸能関係者も驚きを隠せない。

「仕事への意欲も強まっており、女優の仕事依頼もあったといいます。実は彼女はAV復帰を考えていたようで、亡くなる数カ月前に『復活するので撮りませんか?』とメーカーに売り込みをかけていたと聞いています。彼女の孤独死で、文枝の『人間国宝』認定は絶望的でしょうね」

 彼女には演歌界、そしてアダルト業界をもっと盛り上げていってもらいたかったが……。

最終更新:2019/05/15 06:00

“桂文枝の愛人”紫艶、死の直前にAV復帰を売り込んでいた!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

アントニオ猪木「猪木といえば●●」

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」という...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真