日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 椎名林檎、水着で号泣に違和感

椎名林檎、「水着仕事で号泣」の過去告白にネット民が”違和感”だらけのワケ

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

椎名林檎、「水着仕事で号泣」の過去告白にネット民が違和感だらけのワケの画像1
『三毒史(通常盤)』(Universal Music =music=)

 5月27日にアルバム『三毒史』をリリースする椎名林檎が、25日放送の『COUNT DOWN TV』(TBS系)にて“屈辱で涙した日”について語った。

「デビュー当時、まだ駆け出しだった彼女は曲をかけてもらうため、メディア関係者の挨拶回りに行くことも多かった。しかし、その場では『ゴースト(ライター)いるんでしょ?』『本当はいくつなの?』などと傷つくような言葉を投げかけられたそうです。中でも怒りを露わにしていたのは、何かのキャンペーンの折にテレビ局の担当者から『プールサイドでの収録なんで、水着をなるべく着てきてほしい』と言われたこと。彼女は屈辱で怒りを通り越して悲しくなってしまい、人知れず泣いていたことを明かしました」(テレビ誌ライター)

 デビューから20年が経ても消えないのは、それだけショックが大きかったということだろう。しかし、その後の活動内容を見るにつけ、ネット上では「もともとエロい格好で歌って人気が出たんだろうが」「あんなにいつもオッパイ半分出してるのに?」「ナース服だったらいいのか」「露出過多の人が何言っているのかわからない」と違和感を覚えた人が多いようだ。

 中でも多かったのが、「アイドルを目指していただろ!」という厳しいツッコミの声だ。

「歌手デビューの4年前、彼女は本名の椎名裕美子として、94年の『ホリプロスカウトキャラバン』に出場していました。彼女が着ていたのは、水着審査のため応募者全員が着用を義務付けられたワンピース水着。オレンジ地に黄色い花柄模様で、奇抜な衣装を好む彼女からは想像もつかない、アイドルチックなチョイスでした。似合っていなかったのか、残念ながらこの水着審査で落選しています」(アイドル誌ライター)

 このときのトラウマで「エロはOK」でも「水着はNG」になったのかもしれない。

最終更新:2019/05/31 22:15

椎名林檎、「水着仕事で号泣」の過去告白にネット民が”違和感”だらけのワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

大林宣彦ワールドの過激な進化!? 『ザ・スイッチ』

 内気な女子高生の体が、なんと連続殺人犯であ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真