日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > Sexy Zoneマリウス葉「アイドル」を通して伝えるもの
【wezzy】

脱退報道のSexy Zoneマリウス葉は、「アイドル」としてフェミニズムや多様性を社会に広めようとしている

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 Sexy Zoneが危機的状況に陥っているという。「週刊文春」(文藝春秋)のネットニュース「文春オンライン」が6月4日付で配信した、<キンプリとキャラ被りで仕事減のSexy Zone「ジャニーズ辞めたい」メンバーが涙の直訴>なる記事が、Sexy Zoneファンを動揺させている。

 「週刊文春オンライン」の記事では、King & Princeのデビュー以降、ジャニーズ事務所の力は次世代エースとの呼び声も高い後輩グループの方にばかり向いてしまい、Sexy Zoneのメンバーは不満を募らせている、としている。

 現在、Sexy Zoneは松島聡が突発性パニック障害の療養のため活動を休止しているが、記事ではマリウス葉も<そろそろ限界>であると名指しされた。

 マリウスは<アイドルをやっている自分は本当の自分ではない>との悩みを抱えており、昨年『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)でメインパーソナリティーを務めた後、事務所関係者に泣きながら<ジャニーズを辞めたい>と訴えたと、「文春オンライン」は報じている。

マリウス葉「『女子力』という言葉はもう古い!」
 どこまで真実なのかさっぱり分からない記事だが、マリウスが<アイドルをやっている自分は本当の自分ではない>と言ったというのは、にわかには信じがたい記述である。というのも、彼は、「アイドル」という役割を通して、社会に前向きな影響を与えることに意義を感じていると、明確に発言していたからだ。

 マリウスといえば、「多様性」を重んじたリベラルな発言がたびたび話題になる。

 たとえば、「Myojo」(集英社)2019年6月号の「お悩み相談」企画で、13歳の読者から<友だちやクラスメイトから「女子力がない」と言われます>との相談をもらったマリウスは<女子力なんて古い! 男子も女子も関係なくありのまま生きて>と回答。「女子力」などという言葉や概念に惑わされず、ありのままの自分自身を認め、愛することが大事だとアドバイスしている。

<なんかさ、そもそも“女子力”っていう表現が、もう古くない? 今はそういう時代じゃないと思う。男子も女子も関係ないんだから、“女子だからこうしなきゃ”とか気にしなくていいよ! ありのままの自分でいることがいちばん。自信を持って堂々と生きればいいし、もし誰かに何か言われても、「自分のことは自分がよく理解してるから」ってキッパリ返せたらステキだよね>

マリウス葉が「アイドル」の発言力を使って成し遂げようとするもの
 マリウスが語る「多様性」はジェンダーの問題だけに限ったものではない。

 

 「SPUR」(集英社)2019年6月号のインタビューで彼は<男性だけで何かをやろうとすると、考え方が凝り固まってしまうところがありますよね>としつつ、<僕は何かをするときは、必ず違う国の人や女性からアドバイスをもらうようにしています。内面的な悩みも、自分だけで考えていると、そのアングルからしかものが見えてこないでしょう? 僕はすぐに他の人に聞いてみます>と語っている。

 同インタビューでは、ニュースを<いろんな国のいろんな視野で見る>ため、スマートフォンに、ドイツ、イギリス、アメリカ、オーストラリアのニュースアプリを入れているという話もしていた。

 ある一定の属性の人だけで寄り集まっていると、個人の考え方も、組織自体の考え方も淀んでくる。だから、彼は積極的に様々な価値観をもつ人の意見を取り入れて、自分自身の頭のなかをアップデートしているのだ。

 マリウスはドイツで生まれ、10歳で来日するまでドイツで育っている。彼が社会的意識を高くもち、リベラルな考えをしているのは、そういった出自も大きいのではと短絡的に思ってしまいがちである。しかし、それは大きな間違いであるようだ。

 前掲「SPUR」でインタビュアーから<これだけのことを考えている19歳は、日本にはなかなかいないのでは>と質問を振られたマリウスは、<僕のように考えている人がいないわけじゃなくて、こういう話をできる場がないんじゃないかと思います>と述べている。

 社会的な意識をもち、現状に疑問をもっている若者はたくさんいるが、それを発信する習慣もなければ、それを受け入れる場も、現状の日本にはない。少しでもそういった話をすると、「社会に物を申している」と引かれることや、「意識高い系(笑)」と嘲笑されることもあるだろう。<こういう話をできる場がない>とした彼の意見はもっともだ。

 ただ、マリウスが特殊な環境にあるのも事実である。マリウスはSexy Zoneのメンバーとして、公に自分の意見を発信する場をもっており、かつ、強い影響力があるからだ。そしてマリウスは、自分自身にそういった場があるからこそ、自分の意見を言えない人たちのために発言し続けたいと語る。

<僕は影響力の強い大きなプラットフォームを持っていて、他の人とは状況がまた違いますよね。だからこそ、発言していかなくてはならない。自分が学んだことを、同世代や周囲の人に伝える責任がある。発言する機会を与えられないコミュニティもある。そういう人たちを代弁するのではなく、彼らが声を上げられるような場所をつくっていきたいんです>

 もちろん、そういった仕事は「アイドル」でなければできないことではない。そういう意味では、Sexy Zoneではない道を模索していたとしてもおかしくはないのだが、それでも、「文春オンライン」が報じるように<アイドルをやっている自分は本当の自分ではない>という考え方をしているとは、どうしても思えないのである。

最終更新:2019/06/06 07:15

脱退報道のSexy Zoneマリウス葉は、「アイドル」としてフェミニズムや多様性を社会に広めようとしているのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

――ANARCHYがメガホンを執ったことで話題となった映画『WALKING MAN』。彼...
写真