フリー転身の宇垣美里アナ、積極的に売り出されない社内事情に他事務所から「ウチにくれ」の声

2019/06/08 18:00

 今年3月いっぱいでTBSを退社し、4月からオスカープロモーションの所属となった宇垣美里アナ。仕事の状況は、「まだまだこれから」といった印象だ。

「移籍して間もないということもあり、イベント仕事などが多い状態。とはいえ、ルックスもよく、トークの切れもいいので、今後はテレビを含めて多方面で活躍すると思います。特にバラエティー番組で使いたいという声は多い。TBSの先輩である田中みな実のように、単なる綺麗どころで終わらない毒のあるタレントとして期待されています」(テレビ局関係者)

 その一方で、宇垣アナがすぐにブレークするのは難しいのではないかとの声も聞こえてくる。

「オスカーと言えば、事務所内でのプッシュ枠に入っているタレントをどんどんいろいろな番組に出演させ、無理矢理にでも知名度を上げていくスタイルが特徴。しかし、宇垣アナはそのプッシュ枠に入っていないのが気になるところです」(芸能事務所関係者)

 宇垣アナがプッシュ枠に入っていない背景には、オスカーに所属することとなった経緯が関係しているという。

「宇垣アナは、知人からオスカーのマネージャーであるAさんという人を紹介してもらい、そのAさんに世話をしてもらう形でオスカーに所属することとなったようです。そして、所属となった後も、ずっとAさんが宇垣アナを担当しているとのこと。でも、そのAさんはプッシュ枠を担当するマネージャーではないようで、Aさんが担当している限りは、宇垣アナが強力にプッシュされることはないのだそうです」(同)

 周囲からは「せっかく宇垣アナを移籍させたのに、プッシュしないのはもったいない」との意見も出ているようだ。

「もちろん宇垣アナ本人の意向もあるとは思うんですが、売り出すのならフリーになりたての今しかないと思います。そもそも“女子アナ”という肩書きがあったからこそ人気となっていたわけですしね。ただ単にルックスがいいだけのタレントであればいくらでもいるし、それこそオスカーにはたくさんの美女が所属しているのですから、このまま放置していると宇垣アナが出てくるチャンスもなくなってくる。オスカー以外の芸能事務所のスタッフの間では『飼い殺しすならウチにくれ』なんていう話も出るとか」(同)

 オスカーは逸材だと言われる宇垣アナを今後どのように売り出していくのだろうか。いちばん気になっているのは、宇垣アナ本人だろう。

最終更新:2019/06/08 18:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む