高田純次、元KAT-TUN田口淳之介の土下座を称賛! 「言える立場じゃないだろ」事故未対応を蒸し返される

2019/06/12 10:00

高田純次公式ホームページより

『じゅん散歩』(テレビ朝日系)をはじめ、70歳を超えた今も精力的に活動するタレント・高田純次。そんな高田の発言が波紋を広げているという。

 高田は6月9日、MCを務める『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)内で、大麻取締法違反で逮捕され、7日に保釈された元KAT-TUNメンバーである田口淳之介被告が保釈の際に報道陣に向かって土下座をした件について言及。「パーフェクトな形。土下座ってこういう風にするんだ、みたいな」と、土下座の姿勢がいいという独自の見解を語った。上沼恵美子も高田の言葉に「だいぶ練習したな」と応じ、芸能リポーターの井上公造も「アイドルやってたんだなという体の柔らかさを感じる」とコメントした。

 ある意味、いかにも高田らしいコメントともいえる発言だが、高田自身が4月に首都高で交通事故を起こし、当て逃げ説も出ている中でこうした発言をすることに懐疑的な声もあり、物議を醸している。

 ネット上では「ヒトの事言える立場ではないと思うが……」「お前はどうやねん」「なまじ好感度があっただけに、この人もこんなことを言うようなったかと思うと」「本心で褒めているのなら頭がおかしい」という高田を批判するコメントも多く見られるが、「どうしてタカリ屋の被害者の高田さんが言及されなければいけないんだ?」「高田さんのは当て逃げじゃなく当たり屋」「警視庁も当て逃げの事実はないと言っている」などと高田を擁護する声も挙がり、賛否両論の状態となっている。

「実際に当て逃げの事実はないと警視庁が発表しているのは事実ですが、その後の報道がないために、高田さんも不信感を持たれてしまっているんでしょう。とはいえ、多くの番組で出演を自粛したりしていないことを考えれば、おそらく高田さん側に大きな問題がないと各局が判断しているという事でしょうからね。

 とはいえ、もともとちゃらんぽらんなキャラで売っていた高田さんにもこうした声が挙がるようになっているというのは、時代を感じます。交通事故といえば、96年にタレントの大竹まことさんがオートバイとの衝突事故を起こし、相手の男性が死亡したという事件がありました。この際、大竹さんは青信号で交差点を通過していて、過失も少なかったことや、事故後の対応もしっかりしていたことから、遺族がテレビ局に対して大竹さんの芸能活動を再開するように要請し、2週間後には会見を開いて復帰がなされたんです。皆さんもご存じの通り、大竹さんは今もご意見番として活動をされてますよね。高田さんの過失の度合いなどは現時点では不明ですが、こうしたことに対して、世間が以前より不寛容になっていることは確かと言えるかもしれません」(テレビ番組制作会社関係者)

 高田自身の事故についても、もちろん気になることは事実だ。しかし、真実がわからない状態でも、こうしたネガティブな情報があれば拡散され、批判を受けやすくなっている現状は、芸能人にとって逆風である事もまた確かであるといえるだろう。

最終更新:2019/06/12 10:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む