日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 小松菜奈の食べ方はプロ意識⁉

北川景子とは全然違う……小松菜奈の”歯をむきだし”の食べ方は「プロ意識」の表れだった⁉

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 なんでもかんでも叩こうとする風潮に、女性たちからは反発の声があがっている。

 現在公開中の映画『さよならくちびる』に主演している小松菜奈が、共演する門脇麦、成田凌とともに6月3日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)にて、『超激辛チャレンジグルメ』のコーナーに参戦。視聴者から小松の「食べ方」についての批判が殺到した。

「小松らが口にしたのは、ハバネロの粉末やタバスコの280倍の辛さを誇る『ブート・ジョロキア』などをふんだんに使った『超激辛えんま麻婆豆腐』。その辛さに門脇や成田は『今まで食べた物の中で一番辛い』と悶絶。そんな中、小松だけは冷静さを保ちながら二口目に食べ進んだのですが、歯をむきだしにしてスプーンの上の豆腐にかじりついたことで、『食べ方が汚い』との声が相次ぎました」(芸能ライター)

 女性タレントの食事作法については、これまでも北川景子が白目をむいて口いっぱいに頰張りながらリスのようにモグモグさせる食べ方や、平愛梨がラーメンを箸でパスタのように巻き取ったことが「下品」だとネット上で叩かれたこともあった。

 しかし、小松の場合はそこまで下品さを感じなかったこともあり、女性たちを中心に「これはしょうがなくない」と擁護する声があがっている。

「激辛料理が唇に触れると痛いし腫れたりする場合もあるため、化粧品のCMをしている小松がそれを避けようとしたのはプロ意識の高さの表れでしょう。また、口紅が落ちたり、口まわりが汚れたりしないよう、テレビ映りに気を配った面もあるはず。むしろ断らずに『いけます!』と言ったことを褒めたいですね。変に女優ヅラをせずバラエティで頑張ったことで、むしろ好感を持った女性たちが多かったようです」(テレビ誌ライター)

 小松としてはタラコ唇になって「さよならくちびる」となってはシャレにならない。むしろ、自身の「唇」に注目が集まったことで最高のPRになったかもしれない!?

最終更新:2019/06/11 10:05

北川景子とは全然違う……小松菜奈の”歯をむきだし”の食べ方は「プロ意識」の表れだった⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真