日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小林麻耶のキナ臭夫が芸能界入り

小林麻耶の“キナ臭夫”が芸能界デビュー! あきら。への改名は過去のヒーリング活動を隠すため!?

夫婦セットって、素敵やん(画像は國光吟オフィシャルブログ「AKIRA 」Powered by Amebaより)

 昨年7月にタレントの小林麻耶と“交際0日婚”をした整体師の國光吟さんが10日、自身のブログで「この度、あきら。として生島企画室に所属する運びとなりました。宜しくお願い致します。」と報告した。

 小林もこの日、ブログで生島企画室への所属を報告しており、夫婦が同時に所属したことが明らかに。國光さんは昨年12月にアメーバ公式の芸能人ブログを立ち上げ、自身のメディア出演情報などを投稿。小林は、自身がブログを更新するたびに、國光さんのブログへ誘導していた。

「國光さんは素人のはずでしたが、アメブロで芸能人ブログを立ち上げたり、メディア露出に積極的だったため、世間も『ああ、やっぱりね』と芸能界入りに驚いていない様子。元々、ネット上でキナ臭い経歴が注目されていた國光さんですが、ウォッチャーの間では『麻耶を思い通りに操っている』との話題で持ちきりです」(麻耶ウォッチャー)

 メディアでは整体師であることを明かしている國光さんだが、その実態は謎に包まれている。

「國光さんは、自身の名前を入れた『GiNヒーリング整体』なるオリジナルの施術を売りにしており、全国に信者を擁するなどスピリチュアル界隈では人気なのだとか。以前、整体活動のホームページに掲載されていた自己紹介欄には、『金縛り』『除霊』『宇宙』といったオカルトめいた言葉が並んでいました(現在は削除)。麻耶も、妹の小林麻央さんが亡くなってからは怪しいスピリチュアル系イベントに出入りしていたことが発覚していますから、2人がスピ繋がりで結婚したのは明らか。それだけに、麻耶の國光さんへの依存度は高そうです」(同)

 國光さんの芸能界デビューにあたり、麻耶を心配する声は多い。

「これまでは國光さんが素人だったため、マスコミも彼のキナ臭いウワサをそこまで掘り下げなかった。しかし、芸能人になったとあれば、話は別。芸能界デビューを機に“あきら。”に改名したのも、過去の怪しい活動をネット検索されないための対策ではないかとささやかれています」(同)

 今後は、バラエティ番組への小林とのセット販売が予想される“あきら。”。ネットを見る限り「出たがり夫」「胡散臭さが増した」と風当たりは強そうだが、芸能界でやっていけるだろうか?

最終更新:2019/06/24 19:07
こんな記事も読まれています

小林麻耶の“キナ臭夫”が芸能界デビュー! あきら。への改名は過去のヒーリング活動を隠すため!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真