日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジ杉原アナ、戦力外から脱出?

杉原千尋アナ、あの超大物お笑い芸人の寵愛を受けて“戦力外”から脱出なるか?

フジテレビ公式ホームページより

 戦力外の危機から一転、ブレイクのチャンス到来か⁉

 フジテレビの杉原千尋アナウンサーがバラエティ番組『石橋貴明のたいむとんねる』でいい味を出していると評判だ。

“大人のノスタルジー”というコンセプトで始まった同番組は、一時は視聴率が2%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)まで落ち込み、打ち切り危機が叫ばれる事態に。しかし、4月のリニューアルで“ノスタルジー縛り”を廃止し、レギュラーのミッツ・マングローブを降板させると、視聴率は5%台にまで回復している。

「リニューアル後は、週替わりで女子アナが起用されており、とりわけ石橋のお気に入りは、パッチリした目が特徴の杉原アナです。石橋からは犬に似ているという理由で『パグパン』というあだ名を付けられ、イジられまくっているのですが、それを上手に切り返してくるため、石橋がやりとりを楽しんでいるのがわかる。視聴者からも杉原アナのレギュラー起用を希望する声が多い」(テレビ誌ライター)

 杉原アナは国立音楽大学出身で、特技はオペラを歌うこと。声量を生かした歌いっぷりを何度か披露してもいる。しかし、2年目にして早くも崖っぷちに立たされているという。

「同じ音大卒とあって“カトパン2世”の触れ込みで入社するも“戦力外”の烙印を押されてしまっている。現在は昼の情報番組『ノンストップ!』に週1で出ているくらいで、メインはBSとCS放送。フジが将来の主力とは考えていないことがうかがえます。石橋といえば、杉原アナの先輩・久代萌美アナにも『ブスパン』というあだ名をつけて話題に。しかしそれ以降、バラエティでは芸人などに見た目をディスられることが増え、時にイジメのような構図に見えたことから、久代アナをブレイクさせるまでには至らなかった。とはいえ、『バグパン』ならギリセーフですから、杉原アナにはこのチャンスを生かして人気アナになってもらいたいですね」(芸能記者)

 杉原アナは、かつての『うたばん』(TBS系)における、石橋と保田圭のような関係を目指してみてはどうか。

最終更新:2019/07/02 08:22

フジテレビ・杉原千尋アナ、あの超大物お笑い芸人の寵愛を受けて“戦力外”から脱出なるか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『きょうも厄日です』戦慄の日常

「厄日じゃねーか!」と思えるような悲惨な体験も...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...
写真