日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 錦戸亮と大倉忠義の関ジャニ∞脱退は確実視
【wezzy】

錦戸亮と大倉忠義の関ジャニ∞脱退は確実か ツアー終わる9月に

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 関ジャニ∞の15周年ツアー「十五祭」が今月14日からスタートしたが、その初日である札幌ドームでの挨拶が「メンバーの脱退」や「グループの解散」を匂わせたとして、ファンの間で話題になっている。

 錦戸亮が関ジャニ∞を脱退する意向だと最初に報道したのは、今年3月、「週刊文春」(文藝春秋)だった。錦戸は、昨年4月に渋谷すばるの関ジャニ∞脱退が決定してから、「ひとり欠けるのであればグループを解散すべき」と主張していたという。しかし、この意見に横山裕と村上信五は激怒。グループ内に亀裂が入り、解散はしないが錦戸はグループ脱退を決意したという。

 錦戸だけでなく、大倉忠義もグループ脱退を希望しているとの続報を「週刊女性」(主婦と生活社)が伝え、関ジャニ∞ファンは混乱に陥った。同誌によれば大倉はグループの「お笑い路線」に疑問を持っており、ファンによる自身へのストーカー行為による苦痛も脱退希望の原因だという。

 

大倉忠義「もし違う場所にいたとしても…」
 錦戸、大倉が脱退することで、関ジャニ∞の“解散”を危惧する声もあったが、ジャニーズ事務所はひたすら沈黙を続け、15周年ツアーの「十五祭」へと突入。コンサートでメンバーの口から何が語られるのか、ファンの注目が集まっていた。

 関ジャニ∞の札幌ドームでのコンサートの様子が「おかしい」として、複数の観客がツイッターなどSNSに投稿。それによれば、メンバーからの挨拶は珍しくVTRだったという。そして大倉忠義から、グループ脱退や解散を示唆するような言葉があった。

<僕らはこれだけ個性的なグループですから、もし“違う場所”にいたとしても、それぞれが最後は綺麗な花を咲かせたいと思います>

 “違う場所”で“それぞれ”が花を咲かせる……とは実に意味深で、「脱退報道はデマ」と信じていたファンからも「脱退は本当だったの?」「解散を肯定しているようにしか聞こえない」など、ショックの声があがっている。

 また、大倉といえば今月9日に亡くなったジャニー喜多川氏への追悼コメントもファンの間で話題となっていた。

<言葉がありません。言葉にするにはまだ時間がかかりそうです。ジャニーさんとの思い出は、僕の中で宝物です。時間がたてば、どこかでお話できたらいいなと思いますが、大事にとっておくかもしれません。
ずっと走り続けてきたジャニーさん
長く眠っている姿は見たことがありません。
ゆっくりと、安心して眠ってね。
みんな頑張るよって言ってたね。
見守ってあげてね。>

 最後の「みんな頑張るよって言ってたね。見守ってあげてね」という箇所が、同じグループ・事務所の面々から距離を置いているようで、あたかも彼自身もジャニーズ事務所を去るかのように見えてしまうからだ。

 

錦戸亮は9月のツアー終了後に関ジャニ∞脱退予定
 一方、錦戸亮の去就も、やはりまだ注目されている。今月6日に生放送された『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)での錦戸亮の不自然な態度が話題となった。

 番組内での錦戸は終始テンションが低く、歌い終わった後は他のメンバーよりも早くギターを肩から降ろしていた。錦戸は「気分の起伏が激しい性格」と認識しているファンは多いが、それでも気になってしまうのは、脱退・解散への不安が募っているからだろう。

 やはり、辞めてしまうのか――。「週刊女性」2019年7月30日号は、錦戸亮の関ジャニ∞脱退は既定路線であり、ツアーが終了する9月に発表すると報じている。それによれば、錦戸は「十五祭」をやり遂げることで、ジャニー氏への義理を果たせると考えているそうだ。

 また、大倉の動向を伝えてきた「週女」だけに、錦戸の退所後は大倉も続くと伝えている。前述した意味深な追悼コメントもそうだが、「渋谷すばるクンが脱退した時点でモチベーションが下がってしまった」「ファンからのストーカー行為にもうんざり」としている。

 9月の錦戸脱退が確かだとすれば、すでにジャニーズ事務所との交渉は済んでいるだろう。関ジャニ∞「十五祭」のファイナルは9月3日の東京ドーム。感動のフィナーレという場面で、脱退報告となってしまうのだろうか。

最終更新:2019/07/17 07:15

錦戸亮と大倉忠義の関ジャニ∞脱退は確実か ツアー終わる9月にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

コント師・ロングコートダディ

最近お笑いの賞レースで、ロングコートダディの名前を見る機会が増えた。「脱力系」「とらえど...
写真