じゃまおくんのザオリク的マンガ読み【番外編】

『どるから』元K-1プロデューサー・石井館長が転生したら女子高生だった件

どるから』(竹書房)

 今回ご紹介する『どるから』、単行本の表紙とこのタイトルから、「ああ、アイドルみたいな美少女が格闘技に目覚めるマンガなのかな? ありがちな設定だよねー!」なんて思うかもしれません。確かに当たらずといえども遠からずなのですが、この『どるから』が普通の格闘技マンガとは根本的に違う部分が1点あります。それは……

 本作のヒロインとなる女子高生が元K-1プロデューサーの石井館長が転生した姿だということです! 今なぜ、還暦をとうに過ぎたオッサンをJKにする必要があったのか、そのコンセプトも謎ですが、驚くべきことにアイドル格闘技マンガなのは仮の姿。実は、ゼニの匂いがプンプンする興行ビジネスマンガなのです。

『どるから』は「WEBコミックガンマ」で連載中の作品。1990~2000年代にかけて、アンディ・フグ、マイク・ベルナルド、ミルコ・クロコップ等々のK-1ファイターを生み出し、K-1ブームの立役者となった石井和義・正道会館館長が主人公です。K-1ブームが去ってからは脱税容疑での逮捕など、何かとドス黒いイメージがあり、最近では「あの人は今」状態だったはずですが……。

c)竹書房

 ストーリーはまさしく、その石井館長が刑期を終えて出所するシーンから始まります。脱税と証拠隠滅教唆容疑により懲役1年10カ月、ようやっとシャバに出られ、本業である空手家に立ち戻って第二の人生を歩もうとしたその矢先に……

c)竹書房

 トラックにはねられ、即死してしまいます。なんという不運。しかし、その魂は同じ時期に自殺したJK・一ノ瀬ケイの体に乗り移っていたのでした。いわゆる石井館長(66)、「転生したら女子高生だった件」です。いま流行りの転生モノを無理やり取り入れた感満載の、ぶっ飛んだ設定ですね。

c)竹書房

 病院で目覚めたら自分の体がJKになっていて、乳もデカくなっていた石井館長。とりま、揉みますよね、やっぱり。何がなんだか状況がわからないまま、病院を脱出。しかし……

1234
こんな記事も読まれています

『どるから』元K-1プロデューサー・石井館長が転生したら女子高生だった件のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真