日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 松本人志、岡村隆史と電撃和解

松本人志、岡村隆史と電撃和解していた? 過去には「チンカス」呼ばわりで見下し発言

松本人志

 犬猿の仲だった2人が奇跡の合体?

 7月28日、ダウンタウン・松本人志が『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。反社会的組織への闇営業に端を発した一連の吉本興業の騒動で、ナインティナイン・岡村隆史から「話がしたい」と伝えられたことを明かした。

「松本は番組で『そこまでいっぱいしゃべったことのない加藤(浩次)ともめちゃくちゃしゃべるようになったし、岡村(隆史)もしゃべりたいと言ってくれている。今までそこまで親しくしてなかった後輩たちとも話が聞けそう』と変化を感じているそう。松本と岡村が共演したのは8年前の『爆笑!大日本アカン警察』(フジテレビ系)が最後。松本の口から岡村の名前が出るのは非常に珍しいことで、視聴者も驚いたようです」(テレビ誌ライター)

 その岡村は27日の『おかべろ』(関西テレビ)で、松本について言及。「今は優しいイメージですけど、当時はやっぱり……」と苦笑し、共演していた当時はかなり怖かったことを告白している。

 岡村が松本にビビりまくっていたのにはワケがあるという。述懐するのはベテランの放送作家だ。

「松本は94年に上梓した大ベストセラー本『遺書』の中で、ナインティナインのことを『ダウンタウンのパクリ、 チンカスである』と書いているんです。岡村はもともとダウンタウンに憧れて吉本入りしていたものの、ここから両者の仲はこじれ、浜田雅功もそれを認めています。『アカン警察』では、岡村が松本への恐怖心によって極度の緊張状態になり、相方の矢部浩之の楽屋に間違えて入ってしまった様子も放送されていたほど。もっとも岡村は先日のラジオ番組で、吉本の藤原寛副社長に“監視”されていることを明かしており、藤原氏の命令で仕方なく松本に連絡をしたのかもしれません」

 長い年月を経てかつての「チンカス」とも手を取り合おうとしている松本。吉本芸人は「雨降って地固まる」となるのだろうか?

最終更新:2019/07/29 09:30
こんな記事も読まれています

松本人志、岡村隆史と電撃和解していた? 過去には「チンカス」呼ばわりで見下し発言のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

レイプ殺人や自殺が相次ぐ地域って!?

 人間が住むべきではない土地がある。そんな土地に人間を強制移住させたら、どんなことが...
写真