日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズの圧力がエゲツない!

稲垣吾郎は舞台、香取慎吾は映画で……ジャニーズの元SMAPへの圧力がもはやイジメ!

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

香取慎吾公式インスタグラムより

 公正取引委員会が、ジャニーズ事務所による元SMAPメンバーへの「圧力」を問題視、「注意」したことが話題となっている。

 そんななか、8月1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によれば、舞台でも元メンバーに対するイジメが行われていたという。

「記事によれば、今年8月から公演が予定されている稲垣さんの舞台『FREE TIME, SHOW TIME』から、長年、彼の主演舞台で企画と製作を担当してきたパルコが『今後一緒にやることが難しくなった』と、稲垣サイドに連絡してきたとのこと。その裏ではジャニーズ事務所の幹部がパルコの担当者に対し、『うちとカレン(稲垣の所属事務所)のどちらを取るのか、はっきりしてください』と“圧力”をかけていたといいます」(週刊誌記者)

 ジャニーズによる元SMAP排除の動きはそれだけではない。6月28日に公開された香取慎吾の主演映画『凪待ち』も、民放キー局では番宣がまったくできなかったという。

「メガホンを取ったのは2017年に『彼女がその名を知らない鳥たち』、翌年には『孤狼の血』などでブルーリボン賞監督賞に2年連続輝いた白石和彌監督。本来ならもっと話題になってもいいはずですが、民放キー局はジャニーズに忖度して、完全にスルー。情報番組などでも一切取り上げられることがなかった」(映画ライター)

 スクリーン数は85館と小規模とあって、興行成績的には大きな数字は見込めなさそうだが、映画そのものや、香取の演技に対する評価は、関係者の間でうなぎのぼり。白石作品のファンからも絶賛されている。

「SMAP時代も、香取はけっして演技がうまいわけではなかった。しかし、この作品に限っては『見直した』『いい意味で期待を裏切られた』という声が圧倒的。関係スタッフからは、『映画賞を狙える』との声も出ています」(前出・映画ライター)

 その映画賞も、ジャニーズに潰されてしまうかもしれないが……。

最終更新:2019/08/02 12:00

稲垣吾郎は舞台、香取慎吾は映画で……ジャニーズの元SMAPへの圧力がもはやイジメ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真