日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 湘南パワハラ、リーク元はRIZAP

J1湘南パワハラ疑惑、リークしたのは親会社RIZAPだった!? 騒動が沈静化した裏事情

 Yahoo!トップニュースを席巻していた、湘南ベルマーレ曺貴裁監督(50)による選手やスタッフへのパワハラ疑惑(参照記事)が沈静化しつつある。

 一時期は「8月中に曺監督が辞任する」という報道まで出ていたが、現在は過熱気味だったスポーツ紙も「Jリーグの調査待ち」というスタンスに切り替わっている。なぜ、急にトーンダウンしたのだろうか?

 サッカー関係者に聞くと「そもそも、パワハラは“疑惑”であり、報道が出ること自体がおかしい」とメディアへの不信感を口にする。さらに、そこにはキナくさいウワサもあるというのだ。

「今回のパワハラ報道ですが、湘南のオーナーであるRIZAP側からのリークという見方が強まっています。というのも、RIZAPは、湘南を楽天のヴィッセル神戸やメルカリの鹿島アントラーズのような規模のクラブにしたいと考えている節があります。そのためには、外国籍選手や日本代表クラスの選手の獲得が必須。ですが、曺監督のサッカーは、まず『走り続けること』が要求されます。たとえば、神戸のイニエスタや鹿島のブラジル人アタッカーたちが湘南に加入したとしても、曺監督のサッカーには合わない。RIZAPが考える補強リストに、曺監督の若手を鍛え上げるサッカーはトゥーマッチなんです。湘南を優勝争いに絡んでくるチームにするためにも方向転換させたいという思惑があり、パワハラ疑惑をリークしたのでは? と関係者の間ではウワサになっています」(同)

 だが、この問題が泥沼化する可能性はなさそうだ。というのも、Jリーグクラブが選手を獲得できるのは8月31日までとなっており、以降は補強することはできない。つまり、どんなにRIZAPがビッグネームを補強できたとしても、8月31日を過ぎてしまうと、今シーズンはJリーグの試合に出場できない。

 逆に言うと、報道が落ち着いたのは、曺監督の進退が膠着化したこともあり、RIZAP側も8月31日までのビッグネーム補強をあきらめ、リークをやめたからというわけだ。

 曺監督だからこそファンを獲得でき、J1でも戦えていると考える湘南経営陣。一方で、選手を補強し、監督を交代することで、もうワンランク上のステージを目指せると考えている親会社RIZAP。今回の報道の裏には、そんな両者の溝がありそうだ。

(文=TV Journal編集部)

最終更新:2019/08/30 18:00
こんな記事も読まれています

J1湘南パワハラ疑惑、リークしたのは親会社RIZAPだった!? 騒動が沈静化した裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映...
写真