日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 阪神・鳥谷が戦力外の後味悪さ

阪神タイガース・鳥谷敬が戦力外の後味悪さ、”ミスター虎”の晩節を汚したのは誰なのか?

 阪神タイガースの鳥谷敬が、チームから戦力外通告を受けたことが判明した。鳥谷はトラ一筋で、2017年には名球会入りも果たしたチームの顔だが、ここ数年を振り返ると、酷薄な扱いばかりが目に付いて仕方ない。

 鳥谷は2003年にドラフト自由獲得枠で阪神に入団。安定した守備や打撃もさることながら、最大の特長はとにかくケガをしないことで、2004年から2018年まで続けた1939試合連続出場は歴代2位だ。早大時代から彼を知る週刊誌のスポーツ担当記者はいう。

「鳥谷はドラフト当時、“彼を取ったチームは、10年はショートの心配をしなくて良い”と言われていました。そういった宣伝文句は当たらないものですが、鳥谷はあっという間にレギュラーを奪うと、その後15年以上レギュラーの座を守り、打撃でも2017年に2000安打を達成しています。通算出場試合数もチーム歴代トップで、まさに“ミスタータイガース”です」(スポーツライター)

 とはいえ鳥谷の今季の成績は、打率.208で本塁打も打点も0(9月3日時点)。38歳という年齢も考えれば、戦力外通告は致し方ないようにも思われるが、そこに至るには、いくつもの不幸が重なっている。40年来の阪神ファンのスポーツライターがいう。

「鳥谷の悲劇の始まりは、2017年にサードにコンバートされたことです。金本監督(当時)は、自分が期待する北條史也を使いたいため、鳥谷をサードに回し、鳥谷はサードでゴールデングラブ賞を獲得しました。ところが金本は、そのオフにドラフト1位で大山悠輔を取ると、彼をサードで使うために今度は鳥谷をセカンドにコンバートしました。本来ならレギュラーは“奪う”ものですが、金本は1度ならず2度も若手にポジションを与え、鳥谷がその犠牲になったのです」(スポーツライター)

 それで北条や大山が活躍したのなら、それも1つの“時代の流れ”だが、大山も北条も結果的に大して活躍していない。昨年最下位の金本はクビになるが、後任の矢野監督の起用法も不可解だった。

「ポジションを争う木浪がオープン戦で絶好調だったので、彼が開幕戦で使われたのは理解できますが、木浪が絶不調に陥っても、鳥谷は代打でしか使われませんでした。鳥谷は選球眼が非常に良く、四球が多いので、勝負どころで使うよりも、1試合フルに使うことで輝くタイプの選手です。ただ、矢野監督の立場に立てば、鳥谷を代打で使いたくなる気持ちも分かります。阪神には八木、真弓、桧山など、常に“代打の神様”と呼ばれる選手がおり、今年、鳥谷が代打で出てきた時の歓声の大きさは強烈でした。そういう意味では、鳥谷を“代打男”に祭り上げてしまった阪神ファンにも、責任の一端はあるかもしれません」(同上)

 いくつかの不幸が重なったとはいえ、チームの顔が気持ち良くチームを去るレールさえ敷けないのが「ダメ虎」と言われる所以。鳥谷は、戦力外通告を受けた際、「他球団に移籍する」と即答したことが明らかになっており、「こんなチームではやっていられない」というのが本音なのかもしれない。

最終更新:2019/09/03 21:00
関連キーワード

阪神タイガース・鳥谷敬が戦力外の後味悪さ、”ミスター虎”の晩節を汚したのは誰なのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

非正規雇用者を襲うアリ地獄

 真面目に働けば働くほど、生活は苦しくなり、...…
写真
インタビュー

金属バット、注目度UPもどこ吹く風

『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)敗者復活戦。「よいしょ、うぃー」で...
写真