日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 倉木麻衣に史上最低パパが再始動

倉木麻衣「デビュー20周年」で再評価の動きに、あのパパがまた仕掛ける!?

倉木麻衣公式サイトより

 倉木麻衣が今年でデビュー20周年を迎えた。

 倉木は高校生だった1999年10月に全米デビューを果たすと、同年12月に「Love, Day After Tomorrow」をリリースし、ミリオンヒットを達成。その後も、立命館大学に通いながら「Secret of my heart」をはじめとした数多くのヒット曲を世に放ち、NHK『紅白歌合戦』にも出場した。

 長年にわたって、日本のみならず、海外でも多くのファンを持つ人気アニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)の主題歌を手掛けていることでも知られ、一昨年には「同じアーティストにより歌われたアニメシリーズのテーマソング最多数」の世界記録としてギネスにも認定された。

 20周年のアニバーサリーイヤーとなった今年は、両A面シングル「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない/薔薇色の人生」をリリースしたほか、同じレコード会社に所属していたZARDの名曲「負けないで」のカバーにも挑戦。今夏には中国・北京を皮切りにしたアジアツアー、今秋には国内ツアーを開催するなど、活動を活発化させている。

「一昨年にはギネス世界記録認定の追い風もあり、紅白復帰を果たしましたが、今年もデビュー20周年に加えて『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で披露した故・坂井泉水さんとのホログラム技術を駆使した『負けないで』のデュエットが話題になりましたし、紅白出場が期待されています」(スポーツ紙記者)

 一方で、その動向に注目が集まっているのが、絶縁状態にあるとされる倉木の実父の存在だ。

「倉木さんの父親、山前五十洋氏といえば、過去には娘のソックリさんAV女優をプロデュースして、”史上最低パパ”と東スポに名付けられるなど、何かとお騒がせの人物として知られています。一昨年に12年ぶりの紅白出場が決まった際にも一部メディアに登場して娘にラブコールを送るなど、その後も倉木さんが話題になるタイミングに合わせて顔を出しては、話題を振りまいてきました。デビュー20周年の今年も何かアクションを起こすだろうとみられています。倉木サイドは気が気でないのでは?」(同)

 20周年を迎えた倉木だが、過去の因果から解放されることはできるだろうか?

最終更新:2019/09/26 09:25
こんな記事も読まれています

倉木麻衣「デビュー20周年」で再評価の動きに、あのパパがまた仕掛ける!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...
写真