日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > チュート徳井に次なる深刻な事態

チュートリアル徳井義実、億ション現金一括購入が発覚で新たに訪れそうな”深刻な事態”とは?

吉本興業公式サイトより

 個人事務所が東京国税曲から申告漏れと所得隠しを指摘されたことを受け、芸能活動自粛を発表したお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実だが、今年2月、都内の一等地に現金一括でマンションを購入していたことを、ニュースサイト「NEWSポストセブン」が報じた。

 徳井といえば、今回の報道を受け、個人事務所の所在地が、現在公判中の俳優・新井浩文被告と同じマンションであることが報じられたばかり。

 徳井が購入したのはその物件だと思われるが、同サイトによると、それまで自宅兼事務所として借りていたマンション内で、もっと広い部屋が売りに出たことで購入。専有面積は約120平方メートルと広く購入価格は2億円近く。登記を見ると抵当権がついていないため、現金一括で購入していると考えられるというのだ。

「ローンを組む際には、最低でも過去3年の確定申告書類の提出、さらには、住民税・区民税と滞納していないことが必要条件。無申告の徳井さんはその条件を満たせるはずがなく現金一括購入しか道はなかった。しかし、不動産を購入すると、その登記情報は法務局から税務署に共有されるので、申告がないのに億ションを購入するのは明らかに不自然。徳井さんはさすがにその流れまでは知らなかっただろうし、購入して生じる“リスク”を教えてくれる人が周りにいなかったのでしょう」(都内の不動産業者)

 納税義務をほぼ放棄しながらも、かなりの価値のある資産を手に入れた徳井だが、納税に対する意識を改善しないと、とんでもないことになりそうだというのだ。

「マンションや住宅を購入した場合、固定資産税の支払い義務が生じる。毎年、所得によって都民税・区民税がかかり、さらに、今後はきちんと収入を申告し、保険料を支払う義務もあるが、そのうちどれかでも長期間に渡って滞納を続けると、最悪の場合、マンションを差し押さえられて競売にかけられることになる。納税に関してずさんな徳井さんだけに、果たしてそのあたりのことを理解しているのかどうか」(同)

 今後はケチらずに顧問料を支払って優秀な税理士をつけないと、仕事どころか住むところまで失う深刻な事態に陥りそうだ。

最終更新:2019/10/29 10:19
こんな記事も読まれています

チュートリアル徳井義実、億ション現金一括購入が発覚で新たに訪れそうな”深刻な事態”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真