日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉岡里帆ほか……炎上したオタク女優
【「おたぽる」】

吉岡里帆『Mステ』でのはしゃぎっぷりに賛否 テレビで「オタク」を露呈し叩かれてしまった女優たち

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

【「おたぽる」より】

所属事務所「エー・チーム」公式サイトより

 25日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に生出演した女優・吉岡里帆。出演中のドラマ『時効警察はじめました』(同)の主題歌を担当する椎名林檎の“応援ゲスト”として歌唱を見守ったが、番組での振る舞いに賛否両論が寄せられている。

 小学生の頃から椎名林檎の大ファンだったという吉岡は、「いや、幸せすぎます。本当に幸せです」「たじろいじゃうぐらい、本当に心から愛してます」と大興奮。中でも好きなのは2009年発売の「ありあまる富」(EMIミュージック・ジャパン/Virgin Music)で、「何度も言葉に救われています」と、本人を真横に全力でアピール。

 ドラマ主題歌の「公然の秘密」(ユニバーサルミュージック)について番組司会者のタモリに問われると、「すっごい素敵です。めちゃくちゃ素敵です。私から話していいか分からないんですけど、ちょっと秘密を覗き見ているような、色気たっぷりな言葉と、林檎さんが作り出すこの世界観とか疾走感とか、『あー今、私一緒にこの世界にリンクしているのかしら? あっ、でも見ちゃだめだ』みたいな……」と、出演者の関ジャ二∞・村上信五に止められるまで熱弁。

 曲が終わると、「ギャー、最高ォー!」「もう最高!ヤバいです、本当に!」「とろけました!」「泣けます! 我慢します。テレビなんで……」と、涙ぐみながら大はしゃぎし、“ガチオタ”っぷりを露呈した。

 そんな彼女の姿に、「吉岡里帆の叫び方ガチオタじゃんw」「リアクションがまんまオタクのそれ」「推しのあんなん見せられたらそりゃ発狂する」「限界オタクになってる吉岡里帆すき」と、親近感を覚えた視聴者が多いようす。

 しかし中には「かわいくて好きだったけど見てて恥ずかしくなった」「食い気味で叫ぶと『椎名林檎の世界観』が壊れちゃうから自重してほしかった……それやるのは家だけにしよ」などといった批判の声も……。以前からアンチの多い吉岡だけに、『Mステ』でのしゃぎっぷりで、オタクからの評価を上げた一方、アンチを逆なでしてしまったようだ。

 吉岡は自身のインスタグラムに寄せられたアンチコメントに丁寧に返信し、「出来るだけ真剣にこれからも自分と関わって下さる方に向き合っていこうと改めて思いました。勿論出来る事、出来ない事あります。そこは不甲斐ないですが……ガンバリマス」とまっすぐな想いを綴っている。

 今回は彼女のように、メディアでオタクっぷりを披露し、反感を買ってしまった女優をご紹介しよう。

12

吉岡里帆『Mステ』でのはしゃぎっぷりに賛否 テレビで「オタク」を露呈し叩かれてしまった女優たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

『SUITS/スーツ』低視聴率ながら第3弾実現へ!?

 今年4月から放送されてきた俳優・織田裕二主...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

366万票を獲得し、得票率では6割近くの支持を集めた現職・小池百合子氏。下馬評通り、今回...
写真